フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「発酵 ferment」の記事

2014年9月25日 (木)

もみがら確保

P1120151

端野のもみがらをもらいました。

P1120152

もみ殻の用途は、主に発酵飼料の材料です。糠と混ぜて好気発酵させるのにいいんです。

他にも、雨が降り込んだりして鶏舎の土間がジメジメしたときなどにもばらまいたりできます。

P1120153

袋に詰めてコンテナに保管します。

P1120155

いっぱいですね。一年分ありそうです。

P1120156

残りは鶏舎に。

P1120163

今年建てた鶏舎はまだ火山灰の土間でした。

P1120168

エサを探してます。

P1120175

いいだけばらまいてもまだありますね。

P1120177

もうひとがんばり。

P1120179

めいっぱい確保しました。一生分あるんではないかと思うくらいです。

★おまけ。

P1120157

ヒラメもなんだか楽しそうです。

2013年9月13日 (金)

発酵なんとか

このところの冷え込みで、発酵がうまく行かない日があります。

P1050040

夏場はガンガン発酵していたのですが、温度によって優勢になる菌が違うのかも知れません。いろいろな菌がせめぎ合って一番をとれずにいるような、気がします。漫画『もやしもん』のイメージです。「かもすぞ~」って戦ってるんですね。

P1050037

今日は湯気が立って、ようやく一位が決まったようです。

…まあ、イメージです。

2013年3月15日 (金)

3月の発酵

P1010831

自宅のボイラー室で少量だけつくってます

P1010832

米ぬかともみ殻とお湯を混ぜて、ペットボトルのお湯で保温すれば二日でとりあえず使えます。

P1010834

においは気温によって全然違います。

夏はパンやバナナの香り。

今時分はアルコールの香りがします。

いずれにしても、うちの裏山の腐葉土を拡大して一冬絶やさず使っていますので、

土着の善玉菌がたっぷりです。

いちいちボイラー室に運んだりお湯をくんだりと手間がかかります。

来月になれば、外のエサと混ぜておいても発酵すると思います。

冬は発酵飼料無しも考えたのですが、まあ最大割ける労力でできることをしています。

ニワトリにとってもおいしいようで、飛びついて食ってます。

2011年12月19日 (月)

さらばアラ smal fishes for chickens

ひさしぶりにアラをいただきました。今回のメインはカジカです。

Imgp2447

今シーズンはこれが最後とのこと……切ないですね。

Imgp2450 

大釜でぐつぐつ煮込みます。大鍋、重宝してます。

Imgp2460

一時間後、イイ感じに煮えてきました。煮えたかどーだか食べてみよー ムシャ、ムシャ、ムシャ

Imgp2461

汁を切って、

Imgp2462_2

エサに投入! この量で70㎏あって3日分です。

小麦・ホタテ貝の貝殻・米ぬか・魚粕に、残った煮汁を少し混ぜ、ホカホカのもみがら発酵飼料を足して、一晩寝かします。このところ激寒ですがうまく行けばホカホカになります。

去年は量が少なかったので、材料を混ぜてお湯足して密閉しておけば、うまいこと毎回発酵ホカホカだったんですが、今年はよく失敗します。

大きな攪拌機を使うことになり、保温がうまく行かずホカホカにならないこともしばしば…。

炊いたアラを混ぜないときはその分魚粕(鰹節かふりかけの親玉みたいなもの)で代用しますが、お湯を混ぜたぐらいではなかなか発酵しません。

でも事前にもみがら+米ぬか+腐葉土だけを別に発酵させてあり、それを最後に混ぜてるので「発酵飼料を食わせる」という最低基準はクリアなんですが、できれば全量発酵したものを寒い朝に食わせてやりたいものです。粒の硬い小麦の消化もよくなりそうですし。

このあたりはまだまだスキル不足、試行錯誤中です。

ps

この子も今日巣立っていきました…

Imgp2408

かわいがられますように

2011年12月 9日 (金)

寒い朝 too freezing like "bound"

今朝はしばれました。

Imgp2306

鳴き声が聞こえず静かだと凍死してないかとしんぱいになります。

Imgp2301

Imgp2305

さいきん調子よく発酵してホカホカです。

もみがら・腐葉土・米ぬか・お湯を混ぜてバッチリです。

Imgp2316

Imgp2311

一番おさない栗子も元気に食ってます。

Imgp2321

Imgp2325

最近追加した産卵箱(下)

Imgp2329

メスは猛烈に食べますがオスは超然としてますね。

Imgp2332

春子部屋はマイナス10℃。

Imgp2336

秋子もワシワシ食ってます。

Imgp2347

たまご抱いてるアホタレもいますが(「近寄らないでよ!」と怒ってます)

そして夏子鶏舎。

Imgp2349

マイナス13℃ 今年一番の寒さです。

Imgp2351

なぜなら北面(右)しかビニールをまだ張ってません。西側(奥)は雪が吹き込んでます。

Imgp2355

南面もすーすーしてます。左隅に見えてるのはヨッシーヨッシーヨッシー小屋。

さすがに閉めた方がいいかな…

2010年12月 7日 (火)

積もりました Ground was covered

例年よりかなり遅く積もりました。奇しくも今日は「大雪(タイセツ)」でした。いよいよ来るものが来たって感じです。

It snowed and covered.

Cimg6944

夏の小屋をのぞいてみましょう。

The summer barn.

Cimg7059

もりもり食べてます。卵を産むようになってから、いっそう食欲が増しました。

They eat much. After starting to lay eggs, they eat more.

Cimg7027Cimg7029

このごろは、1日に30個ちかく産むようになりました。メスが32羽いますから、約9割の子は産んでいることになります。朝7時にエサをやりに行くと、巣箱の中はもうどっさり。嬉しいひとときです。

Layed 30 eggs a day. 32 hens lay 30 eggs. Every morning 7 o'clock, I go into barn, already many eggs have been in the box. I feel happy.

ところで気温ですが……寒いです。

It is cold.

Cimg7054Cimg7053

かろうじてプラスの2度。午後3時、もう夕暮れ時です。

2 deg. on 3 o'clock p.m.

ニワトリは寒さにはかなり強い動物で、この0度くらいが適温とも言いますが、それでも今後のことを考えるといろいろ手を打っておくに越したことはありません。

Chickens stand a hard winter, but I would rather prepare against it.

床を掃除して鶏糞とぬかを混ぜておいたのが11月16日。

I cleaned ground and mixed droppings on 16th Nov.

Cimg6209

あれから、もう3週間たっていますが、地面の中で発酵は続いていました。

After 3 weeks, under ground it is still fermenting.

Cimg7036

17度。指を突っ込むとほんのりあたたかいくらいです。自然の床暖房というわけです。

17 deg.  It is warm on my finger. Natural floor heating.

続いて秋の小屋に行きましょう。

Autmn barn.

Cimg6945

Cimg6973

気温は1度。向こうよりちょっと寒めです。こっちの子は警戒心が強くて、いつもじっとこっちを見ています。

1 deg. It is colder than that barn. Babys live in here have much wariness and are staring me every time.

Cimg6948Cimg7012

好き嫌いせずよく食べるんですけどね。カボチャは生のままでも穴を穿ちます。

But they eat every feed without likes and dislikes. Rare pumpkins are drilled.

Cimg6998

さて地面の温度は…

Temparature in the ground ...

Cimg6991Cimg6990

22度、イイ感じです。床づくりをしたのが12月3日でした。

これを維持したいものですね。

これからマイナス20度まで行くとして、この子たちに無事に春を迎えさせるのが当面の課題です。

22 deg. It is good. I mixed on 3rd Dec. It is my work to protect the chickens against minus 20 deg. until next spring.

Cimg7001Cimg7039_2

P.S. エサの発酵も順調ですよ。46度でホカホカの朝ご飯を毎日やってます。

P.S. Feed works good. 46 deg. Warm breakfast every day.

Cimg6977Cimg6976

発酵を学ぶ study about ferment

だいぶん前の話になりますが、市民大学という公開講座に行ってきました。
(平成22年8月3日 網走市民大学講座)

東京農業大学名誉教授・小泉武夫さんの講座です。
タイトルは「世界の発酵食品と人類の知恵」。

Image0003

エサを自家配合して発酵させ、毎日トリさんにやっている者としては、「発酵」は最重要キーワードの一つなのであります。

なぜわざわざ発酵させたエサを与えるのか?

その意味を、自分でしっかりとわかっておきたくて参加しました。

以下、講座のまとめ、というか興味深い話です。
もちろん文責はブログ管理人にあり勘違い・聞き間違いがあるかも知れませんのでご容赦を。

-------------------------------------------------------------------------

発酵食品の四つの特長

〔特長1 腐らない
① 納豆菌が病原性大腸菌とたたかったら百戦百勝する
② 納豆は腐らない(賞味期限切れの白い粒はアミノ酸のチロシン)
③ 新宮市の東宝茶屋は30年前のサンマのなれずしを売っている(乳酸発酵)
④ 発酵させず保存するには、乾燥させる、塩漬けにする(腐敗菌は塩に弱い)、いぶす、笹・柿・フキの葉に包む(抗菌生物がいる)
※ 納豆菌は耐熱胞子になるため、熱湯に入れても死なない

〔特長2 栄養が高まる
① 煮豆を納豆にするとビタミン、アミノ酸が増える(B2が10~30倍になる)
② 甘酒は点滴代わりになる(糖分とビタミン・必須アミノ酸が大量に入っている)
③ 毎日みそ汁を飲むと、ガンになりにくい

〔特長3 風味がある(くさい)
① 人間は本能的に腐敗と発酵を見分けることが出来る

〔特長4 有用微生物を生きたまま体内に取り込める
① ぬか1グラムに乳酸菌が3億匹いる
② 猛毒のフグ卵巣もぬか漬けにすると乳酸菌が解毒してくれる(石川県の郷土食)

〔その他〕
① 菌には悪玉と善玉がいる(悪玉菌=腐敗菌、病原菌  善玉菌=発酵菌)
② 肥沃な土スプーン1杯(1グラム)には、32億の菌がいる
③ 抗生物質も微生物がつくった

--------------------------------------------------------------------------

納豆、みそ、しょうゆ、漬け物、そしてお酒。

日本人でよかったなあと思います。

その発酵のパワーを生かして、トリさんたちも健康に育てていきたいものです。

まだまだ勉強です。

お天気

  • tenki