フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「えさ FEED」の記事

2018年5月28日 (月)

ミューズリー

ずっと気になっていた食べ物。

Imgp3610

ミューズリーといいます。

Imgp3609

小麦フレークが原材料第二位に入っています。

非加熱なんですって。

鶏の気持ちになりたくて買ってみました。

Imgp3616

そのまんまアッペン小麦やないですか。

食べたらすぐ小麦粉になります。

ああ、あの味です。

でもあごの筋肉使いすぎですね。

たくさん食べると筋肉痛になりそうです。

Imgp3623

不耕起栽培をめざし畝を立てています。

2018年5月11日 (金)

飼料米完食

Imgp3391 

青コンテナの小麦は完食、これからは白コンテナの小麦を食べさせます。

青は小清水産、白は常呂と網走産です。

Imgp3394

さて、飼料米も完食です。

平成28年産。

Imgp3395

飼料米は、家畜飼料用途に限定して生産・販売するお米です。つまりヒトは決して食べてはならぬお米です。

ちゃんと記録を付けておればなんの問題もありませんが、「限定」させるために政府の調査がちょっとおそろしく、その気苦労もこれでようやく終わります。

この飼料米は道央の奈井江町産。つてを頼って一昨年に入手した物です。いろいろあってもう二度と手に入らないものになってしまいましたが、アメリカを初めとする海外産の飼料が多い中、国産飼料は貴重なのです。

海の向こうから運んできたエサを食べさせて家畜を飼うというのもなんだか、当園は国産、それも地元のエサを食べさせたいと考えてオホーツク小麦をメインにしています。

ただ小麦だとどうしても冬場のカロリーが不足するようで、冬の寒い朝をしっかり乗り切ってタマゴを産んでもらうためには、お米は貴重なんです。産み始めの若い子にも高カロリーのエサを保障してやらねばなりません。

飼料米は全部なくなりましたが、屑米がまだあります。

食用のお米の選別段階で出たいわゆる規格外品を端野町の農家さんから分けてもらっています。

除草剤1回限定でできるだけ農薬に頼らず、稲の生命力を引き出して育てているばらしいお米です。

Imgp3405

でも、小心者の私にとってはお上の目を気にせず使えるっていうのが一番いいところかもしれません。

2018年5月10日 (木)

小麦完食

Imgp3382_2

週末までは寒い日が続きます。

つま先が冷たい。

Imgp3375

小麦完食しました。

Imgp0745

半年前の図。

この麦が今どこにいったのかと考えるとおもしろいですね。

Imgp3377

明日から次のコンテナにとりかかります。

Imgp3378

野積み発酵飼料。

Imgp3379

いつもの製法なら三日かそこらで食べきってしまうのですが、1週間以上置いたので土っぽくなっています。

Imgp3380

イメージどおりですね。

Imgp3381

待っていたタンポポが咲きました。

一番好きな花ですね。

2018年5月 1日 (火)

野外の発酵づくり

4月10日。

Imgp2812

雪が解けたので冬の間やってみたかったことを実行に移します。

Imgp2814

栗の木の落ち葉のあたり、

Imgp2816

腐葉土を拾ってきます。

Imgp2820

もみ殻とヌカと混ぜます。

Imgp2821

ナニヤッテルノ

犬たちも米ぬかはちょっと好きです。

Imgp2822

シートをかけておきます。

4月12日。

Imgp2888

お湯を足します。

4月16日。

Imgp3012

おっと。

Imgp3013

中はホカホカ、だいじょうぶです。

4月17日。

Imgp3031

いい感じに発酵したのでエサに混ぜます。

4月25日。

Imgp3249

増産を図ってもみ殻堆積所に引っ越しです。

Imgp3251

うずたかく積んだほうがいい発酵をするそうです。

勝手に平和富士と呼んでます。

Imgp3254

囲っておきます。

4月30日。

Imgp3290

熱いくらいに発酵して効果は覿面です。

ブログでは伝わらないのですが、ゆで栗の香り。

毎日切り返してます。

2018年4月20日 (金)

リンゴ箱

北見の農家さんからリンゴをどっさりいただきました。

Imgp3099

あさひと、王林でしょうか。

食用でも十分いけそうなくらいです。

Imgp3100

ナンジャコレハ?

Imgp3104

喜んでつついてます。

見てるこっちもシアワセ。

Imgp3122_2

さあ生後1ヶ月のブリ子さん。

コレハナンデスカ?

つつけば食べられるということになかなか気づきません。

ほっときます。

Imgp3136

翌日、カケラしか残ってませんのでちゃんと腹に納めたみたいです。

Imgp3115

空箱ももらっていいとのことで嬉しすぎます。

Imgp3116

さっそく産卵箱に改造。ものの5分で5箱できました。

Imgp3117

弘前から長い長い旅をしてきたんですね。

壊れるまで使わせてもらいます。

2018年3月28日 (水)

日替わり定食

早めの雪融けが進んでいます。

Imgp2525

毎年の冬に耐えてきた物置も屋根の雪で歪み、とうとうドア枠を外しました。

Imgp2487

橇がどんどん進まなくなってきました。

こんな段差、あったっけ。

Imgp2489

豆の煮汁を一冬すてていたら湿地になりそうで。

Imgp2499

12月に来た豆は5本目を空けました。月1本の消費。残り11本です。

Imgp2520

生後二週間のヒヨコにも煮豆のおいしさを教えています。

指でひねり潰してやると、運動会が始まります。

Imgp2524

ジャガイモ。自分の体くらいある食べ物にいどむ感覚ってどんなんでしょう。

Imgp2472

オトナの6月ビナ「ユニ子」。

ほうれん草を混ぜ込んでみました。

基本のエサは、小麦・お米・米ぬか・魚粉・貝がら・発酵飼料。

でも、いつも粉と粒の代わり映えがしないのだと楽しくないようで、エサやりの時はおいしい物を探して真っ先に食べています。

「食べる楽しみ」はたぶん人間と同じだろうと思います。

Imgp2486

次の日はジャガイモ。

エサが黒く見えるのは魚粉を振りかけてあるからです。

全力産卵中はどうしてもタンパク質不足になりがちで、だから煮豆を猛烈に探して食うのですが、さらに魚粉を振りかけてやっています。

Imgp2494

8月ビナ「空子」もふりかけます。

生後7ヶ月で一番大事な時期ではあります。

品種がゴトウもみじなので体が大きくならず余裕もないんですよね。

でも国産種をちゃんと育てられる技術を磨きたいと思います。

Imgp2500

最近の趣味は俳句鑑賞です。エサをやりながらいろいろ解釈をかんがえてます。

2018年3月26日 (月)

初葉物

北見の農家さんからほうれん草をいただきました。

Imgp2420

冬を越えようやく初めての葉物野菜です。

Imgp2419

いいながめです。

Imgp2426

産卵ピークの夏ビナ「空子」のトサカがちょっと貧血気味なんですね。

鉄分を補ってくれるといいんですが。

Imgp2423

春です。

2018年3月 2日 (金)

麦の挽き割り

Imgp1744

昨夜から直撃しております吹雪五号は今のところひどくなさそうです。

Imgp1680

さて、満6ヶ月で産卵絶好調ガストノッチのボリ子A65羽。坪6羽でゆったり飼ってます。

Imgp1683

ですが、麦を最近食いません。

Imgp1687

エサが足りなくならないようにと多めにやって、魚粉も振りかけてやってるんですが、麦の粒は床に散らかしてます。

Imgp1686

種まきをしているつもりなんでしょうか。

Imgp1741_convert_20180302065735

久しぶりに麦を挽き割ってます。手間が一つ増えますが、ちゃんと要望は聴いてやらねば。

1坪当たりの羽数は、手引き書には最低10羽で飼うと書いていますが、ぜんぜん多すぎて半年産んだだけで疲れてしまい、かなしい感じで2年目に入ってしまいます。上手に飼う人だと、1年間はしっかり稼いでくれるそうです。

Imgp1734_convert_20180302071820

(さいきんハトにエサやり状態の大食いトメ子さん満3ヶ月)

そこで、今年のヒヨコから計画的に羽数を減らす方向に決めました。高産卵期の1年間は坪5羽で部屋を用意してやります。

その上で、エサも上手に作るのが今年の課題です。

きれいな羽でさいごまで飼うって、なんだか毎年言っているんですけどね。半島の五輪は終わりましたが今度の夏季五輪までにはぜんぶきれいな羽で飼ってやるのが目標です。ブログでも宣言をしておきます。

Imgp1742_convert_20180302065910

春になったらこのエサ小屋も片付けないと。

Imgp1716_convert_20180302072111

って、もう春?

2018年2月 6日 (火)

立春前後

Imgp1334

オホーツクも積もるようになってきました。

Imgp1348

吹雪くほどではないので、配達は助かってます。

日脚も延びて、明るいうちに帰ってこれるのは小さなシアワセです。

Imgp1349

雪の朝はあたたかいのでトリさんは助かってます。

ただいま魚粉不断給餌中。

Imgp1347

小麦コンテナの内壁を外しました。

Imgp0745

これは以前の写真です。一昨年の備蓄をどんどん食べてます。

手前は道産コーンとか、米ぬかとかいろいろ。

Imgp1332

今年は年内立春だそうです。旧正月、が立春というわけでもないようで。

今年は旧暦を意識して暮らしてみようと思っているんですが、もう立春ですか。

Imgp1344

流氷がとうとう接岸し網走も北見もあんまり最低気温が変わらなくなってきました。

2018年2月 1日 (木)

貝がら

Imgp1131

最近どっさり貝がらを食べさせてます。

Imgp1142

毎日10キロをエサに混ぜます。ひと月で300キロ。すごいですね。

Imgp1132

朝のエサ箱。前日の分がほぼ無くなっています。

Imgp1133

白いのが貝がら。他には米ぬかでしょうか。

10キロじゃ多いかと思いましたがちゃんと食べていますね。むかしは5キロくらいの感覚でした。

Imgp1134

もっと食べたい子のために、自由摂取用。でもほとんど減りません。足りているんですね。

Imgp1135

この貝がらはホタテ貝。おとなり常呂町で生産されます。

常呂町はホタテ貝の一大産地でありまして、町の公園のオブジェがホタテ貝になっている、もとい、ホタテ貝に見えるくらいです。(記事末尾の注を参照) 貝柱をお刺身でおいしく食べて、ヒモも干し物にして、残った貝がらは副産物なんですが、砕いて焼いて肥料や飼料になります。

Imgp1150

毎日たまごを産む鶏はカラをつくるためにカルシウムをたっぷり摂る必要があります。

そのカルシウム源としてこれまでは、道南の方から貝化石粉末を取り寄せて、この貝殻と半々に与えてましたが、このたびホタテ貝殻に一本化しましたが問題ないようです。

地元の物を使って生産するのがいちばんいいような気がします。

Imgp1130

なんでも食べてくれるトラ先生ですが貝がらは無理のようです。

(注)役場によるとホタテ貝ではないそうです。

「百年記念塔

開基100年を記念し建設しました。海抜100m、階段も100段と、100にこだわっています。

鳥をイメージして作りましたが、なぜか「ホタテ貝」に似ています。」

http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2015041300048/

より以前の記事一覧

お天気

  • tenki