カテゴリー「にわとり CHICKEN」の記事

2018年6月14日 (木)

乱高下

Imgp3780

サムイ日が続いています。気温が10度ってどういうことですか。

寒くて曇天の空を撮る気にもならず写真は夏日だった頃のもの。

石北峠は積雪、北見峠は雪で通行止めだそうです。

この日にチキン出荷やひよこ受け取りがあったらと思うとぞっとします。

Imgp3804

6月だというのにストーブをつけ、近くの温泉に出かけたり特製キムチ鍋をすすったりして風邪を引かないよう頑張ってます。お鍋はいろんな野菜と納豆を投入するのがポイントで、ふわふわタマゴもおいしく仕上がってます。

トリさんたちもエサを食い込む量が増えています。

Imgp3696

ひんやり寒くても、30度に上がるよりはましかと思いましたが、暑かったり寒かったりで調子を崩しているらしく、産卵2年目の子達はとくに殻があまりよくありません。かといって出荷量を減らせるわけでもないので、1個1個玉子とにらめっこしてパックに詰めています。心苦しい限りです。こういうときにちゃんと余裕を持って産めるように飼っていれば、と思うのですが、まだまだです。

Imgp3782

次のホープは7月半ば初卵予定のグル子。

Imgp3788

これまで1群90羽だったのが、今回120羽ですので大所帯です。

それを24坪の部屋で坪羽数5羽でぐるぐる広々飼ってやろうと思ってます。

Imgp3767

その次は名無しのごんべい75羽、気の早い子がもう育雛箱脱出を強行してます。

寒暑乱高下でちょっと心配なんです。去年6月末のユニ子はだいじょうぶでしたが、今回はどうなるやら、ミミズ・煮豆・ゆで玉子で体力をつけています。

Imgp3764_2

週末に暖かくなるそうなので待ち遠しい限りです。

暑けりゃ暑いと文句を言い、寒けりゃ寒いと愚痴をこぼし、ドモナランですね。

2018年6月 8日 (金)

オスいろいろ

Imgp3672

ボリスのメス。昨年6月に来たユニ子ともうします。

産卵絶好調・羽装良好で性格穏やかに育ってくれています。

Imgp3658

これがオス。

ボリスのオスはもみじと違って尾羽がすらりと伸びて体格も横長の気がします。

Imgp3657

なにやら妙な動きをします。

Imgp3656

迷い迷い

Imgp3655

決断したようです。首の毛が少し逆立ってますね。

怒ってます。

何かのきっかけで私は外敵と見なされ事ある毎にけんかをふっかけてきます。

Imgp3227

いつもながらドキッとします。

少年時代、他人の家の「猛犬注意」と書いてある犬が鎖を放れて追いかけてくるあの恐怖に少し似ています。それが自分の飼育下で起きるわけですから。

Imgp3223

それなりに痛いんです。

こちらも本気でけっ飛ばしてやらないと戦いは終わりません。

向こうにしてみれば私は「進撃の巨人」なんです。

※ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BA

巨大な敵に対しその小さな体で危険を顧みず本気で向かってくる雄鶏には敬意を感じずには居られません。

まあ、取って喰いはしませんけど、いや、メスは結果的には喰うんですから同じといえば同じで、彼はあの漫画の主人公と変わりはないわけです。

そういう話を数年前に学校の講演会で中学生相手に喋ってやったらえらく男子たちが盛り上がっていたのを思い出します。

Imgp3726

こっちは同じユニ子の別の群のオス。さっきのがユニ太郎でこれがユニ次郎。

Imgp3725

けんかをしたことがないので私が近づくと恐れて隠れてしまう平和主義者です。

Imgp3724

オスもいろいろですね。これはこれで彼のいき方です。

メスはオス無しでも玉子を産みますが、オスが居るとメスはやはり居心地がいいようです。

Imgp3245

見てくださいこの勇姿。

穏便にすませたいこっちはとっても面倒なんですけどね。

2018年6月 5日 (火)

夏日続く

Imgp3674

リラ冷え、と聞くと笑っちゃうような暑さが続いています。

Imgp3685

涼しさを求めて床を掘るニワトリさん。

Imgp3665

暑いと卵殻形成がうまく行かず割れる玉子が増えます。

食欲もなくなり産卵数も減るのでダブルパンチで出荷可能の玉子が減っていきます。

Imgp3660_2

朝からヤル気マンマンの日差しのもと、蝦夷春ゼミも元気よく鳴いています。

あと数日この暑さは続くらしいのですが、ちょっと心配になってきました。

Imgp3669

トラ先生には水浴びして涼んでもらってます。

https://youtu.be/PmTaSlOmGqM

トラさん、あなたは河馬ですか。(笑)

2018年5月31日 (木)

30度

アツイアツイ

Imgp3641
Imgp3642

あまり見ない格好をしていますがわきを冷やしているようです。

Imgp3648

野地板を張ってあるので屋根からの輻射熱は比較的おさえられていますが、それでもムンムンします。

Imgp3630

とうとう東側のビニールをぜんぶ外しました。

西側をのぞく三面開放。

Imgp3631

外した幕はたぶん使わず、秋には東側はベニヤ板を張る予定。

暗くするのと、台風対応です。

北側も板を外しました。

Imgp3633

刈り払い機いよいよ動かさないとですね。

Imgp3636

折りたたみベッドを持ち込んで昼寝したいくらいに心地よく風が抜けていきます。

Imgp3640

ナニカ、ゴヨウデスカ。

オスなのでいちおう侵入者を見張ってます。

Imgp3625

ヒヨコさんも余りの暑さに外で眠りこけています。

ヤバイと思いジョーロで水を撒き、電球もOFFにします。

朝晩の冷え込みのためヒヨコ電球のみつけておきます。

Imgp3628

あとはジョーロでエサ場を中心に打ち水。

5月なのに真夏のオホーツクです。

2018年5月18日 (金)

かがくのとも

昨日図書館に行ったら、すばらしい絵本に出会いました。

『たまごとにわとり』(かがくのとも2018年6月号/福音館書店)

私たちの食卓に日常的に見かける鶏卵は、どこからどうやってやってくるのでしょうか。実際に養鶏場を営む作者が、そこで放し飼いされる、にわとりの生活を描きました。卵の色はお母さん鶏の羽毛と同じ色です。身近にある卵は、温かい温度を持った生きた鶏から産まれてくることを、感じてもらえたら嬉しいです。

(下記HPより本の紹介文)

http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=5601

エサやりの時にニワトリがぎゅうぎゅうに群がってくるところとか、朝食の後に満足して砂浴びをするとか、外に放し飼いにしてもらうところとか、金タワシでタマゴを磨いているところとか、にやにやしながら読みました。

作者は養鶏場の方なんですね。

ニワトリを、生き物としてちゃんと飼っている様子を描き、そのニワトリを羽毛一本一本ていねいにえがいていて、愛に満ちあふれた一冊でした。

ただ、エサを人力で混ぜているのは大変そうでした。

まだ一般発売はされていなさそうですが、出てきたら買いたいと思います。389円って安すぎます。

2018年5月 9日 (水)

花冷え

Imgp3346

忙しかったゴールデンウィークの直売日も終わり平常業務に戻ります。

Imgp3360

足りないビニールを鶏舎からはがして

Imgp3368

ビニールハウス完成です。何年振りでしょうか。

中で苗を仕立てます。

Imgp3363

なぜか曲がってます。閉じません。

Imgp3367

守備隊員配置。ちょっと遠くに。

Imgp3369

その翌日5月8日は気温5度、3月の寒さ。

花冷えというんでしょうか。みぞれまで降ったんですよ。

先日の真夏日でせっかく開けた鶏舎の北側から、ひんやり北風が吹き抜けてきます。

鶏は羽毛布団をかぶって生きているとはいえ、さすがに厳しくなってきたので閉めます。

Imgp3372

水桶に落ちたヒヨコさんが自宅静養中です。

2018年5月 2日 (水)

28度

Imgp3008

4月16日は雪やこんこん

Imgp3202

4月23日は雪がとけたけど…

Imgp3203

霜が降りてます。

そして4月30日。

Imgp3293

摂氏28度だそうです。

名を知らぬ花が今年も咲きました。

朝からやる気まんまんの太陽が照りつけています。

Imgp3294

鶏舎の中もアツイアツイ。

Imgp3295

わきをちょっと空けるポーズを取ると危険水域突入です。

犬と同じで汗をかけない鶏は高温に脆弱です。

Imgp3296

ついに北側を開けます。

Imgp3297

S鶏舎は上部が板留めで開けられません。

Imgp3299

ヒヨコさんブリ子の部屋も開けてみます。

Imgp3304

裏側は明渠ですがすっかり笹に覆われました。

Imgp3303

ウロロウロロとカジカ蛙が鳴いています。産卵もしていました。

Imgp3305

こっちは南側。

Imgp3306

レトリーバー四分の一ですが母親よりも水浴び大好きなトラさん。

天気予報によるとおとなり女満別がこの日は全国一の暑さだそうで。

フェーン現象なんですって。そう言われても、そんなに高い山がないので実感が湧きません。なだらか藻琴山がきっちり仕事をしているんでしょうか。

でも、昼前には風向きが変わり、海からのヒンヤリとした風が吹くようになると気温がどんどん下がります。

太平洋高気圧とオホーツク高気圧がせめぎ合っている最前線がここ網走なんじゃないでしょうかね。

春は寒かったり暑かったりと極端です。

2018年4月29日 (日)

大脱走

おとなになっても脱走します。

Imgp3204_2

玉子拾いの朝。ドアの留め金が外れて振り向くと脱走してました。

時々見る悪夢が現実となります。寝ぼけた頭に一気に血が上ります。

ここ2週間ほうれん草が当たらなかったので、外の青い草が恋しかったんでしょう。

90羽の確保はさすがに無理ですから、自分で中に戻ってくれるよう、コンパネを立てて追いこんでます。

鶏を捕まえなさい、とスパルタ指導するコーチの話をどこかで見たような気がしますが、逃げ場を無くさないとあれを捕まえることなんかできはしません。

Imgp3205

左の一匹はなぜかこっちにトライを仕掛けてきます。脚でガードです。

Imgp3206

鶏舎のまわりを5周くらい回ったでしょうか。なんとかぜんぶ戻ってもらいました。

ヒラメやトラを放しても変な音は聞こえませんのでだいじょうぶでしょう。

このあと留め金を最強に締め直したのは言うまでもありません。朝からHPゼロです。

2018年4月14日 (土)

地震だいじょうぶです

だいじょうぶかいなの電話で目が覚めました。

今朝方地震があったそうで、知らずに眠りこけておりました。

Photo

網走は震度2だそうです。

鶏も元気でおります。

Imgp2809

明日あたり黄身ナシ玉子を産むかもしれません。

2018年4月 6日 (金)

南面開放

3月29日

Dsc_4362

雪融けが1週間早く進行しています。

Imgp2603
Imgp2604

南側の腰板を外しました。

Imgp2605

風が抜けていきます。

Imgp2602

なかなかいいもんです。

より以前の記事一覧

お天気

  • tenki