カテゴリー「自転車」の記事

2019年7月19日 (金)

塩狩峠

自然養鶏会の交流会が士別市の朝日町で開かれるので、今回は自転車で参加しました。

Imgp8501

網走駅から上川駅までは輪行です。30年ぶりです。

Imgp8528

上川駅で組み立てて出発。

道道101号下川愛別線を走ります。

※ 北海道道101号下川愛別線 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E9%81%93101%E5%8F%B7%E4%B8%8B%E5%B7%9D%E6%84%9B%E5%88%A5%E7%B7%9A

 Imgp8555

於鬼頭峠。

クマが出てきそうな場所で停まって休みたいのですががんばりました。

Imgp8563

岩尾内湖。人造湖です。

この下の集落は、昨年のブラックアウトでも当地の水力発電所のおかげで送電を受け続けていたとのこと。うらやましい。

Imgp8569

目的地到着、お酒の買い出しに店に寄ったら横にバイクがブルンと停まって、先輩の養鶏家さんでした。

毎日365日ニワトリと向き合う日々なので、彼女達から解放される年に一度の交流会をみんなそれなりにエンジョイしてます。

Imgp8578

夜は二日酔いにならぬよう注意深く過ごして翌日。

Imgp8610

上士別町の養鶏場を4年ぶりに見学。

農園主のSさんは私とほぼ同時期の養鶏会入会なのですが、私よりもずっときれいな羽でニワトリを飼ってます。

飼育密度の低減による飼育環境の改善を目下の方針でやってますが、坪10羽でもいいニワトリが飼えてるんですね。

うちも、エサの内容をまだまだ改善できそうです。

※ 前回 http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-6af5.html

道は遠く、いよいよ高いですがやりがいはありますね。

Imgp8663

帰りは和寒経由で塩狩峠へ。

三浦綾子記念館でひさしぶりに『塩狩峠』最終章を読みました。

この作者さんの作品は、高校生当時、国鉄で道内を旅していた頃にむさぼるように読んでいました。

なつかしいですね。

Imgp8681

旭川から輪行で午後9時前に網走駅到着。kinnに迎えに来てもらいました。

Imgp8682

二日後になぜか塩狩峠をまた越えて剣淵に来てます。

2019年7月17日 (水)

神の水

Imgp8454

車に自転車を載せて「カムイワッカの滝」に行ってきました。

人生初かもしれません。

生ぬるいお湯が岩肌を流れていて、湯気が立っていてずいぶんと不思議な風景でした。

上流に登っていけばアツアツの滝壺もあるそうですが、今は進入禁止とのことです。

「環境省」の職員さんが二人、巡回していました。世界遺産になってお仕事も増えたんでしょうね。

むかし大阪に住んでいた学生時代は、知床は地の果てのイメージが強かったんですが、わりと気軽にいける距離に今はすんでいて有り難い限りです。

ただ、やってくる人も今や世界中からで、駐車場は激混みで、あやうくぶつけられそうになりました。

ハイシーズンは自家用車の乗り入れ自体が禁止されます。

Imgp8477

復路はチャリで走ってみます。

砂利道は時々自動車が行き交いますが、クマ注意の場所だったりします。

「朝晩の薄暮時と霧のかかる日は要注意」って、この日は霧の濃い日だったんですが。

Imgp8482 

無事、ウトロの自然センターで回収してもらいます。

18㎞を1時間でしたが、自転車で走ると達成感が高いですね。

2019年6月23日 (日)

能取湖口

毎週一回は走るようにして、血液の循環とか基礎代謝が良くなったような感じがします。

薄着でも寒くないのは気温のせいばかりでもないかも。

走ったあとに肩が二、三日痛いのですが、まだサドルとハンドルの高さ調整が完全じゃないようです。

Imgp8178

パンクしたらどうしようとかいろいろ器具を最初持ってったのですが、ダメなら迎えに来てもらおうということで荷物がどんどん軽くなって、走りやすくなります。

Photo_20190623140401  

今回は能取湖の河口を目指しました。

Imgp8194

34年前の夏休みに日本の最果ての地と思って地図で見当をつけて目指したのがここでした。

あのころは人跡未踏の場所だと思っていたのですが。

Imgp8183

自転車は音もなく進むので、かなり接近してからキタキツネがびっくりして逃げていきます。

クマさんが怖いので見通しの悪いところではチリンチリン鳴らして進みます。

Imgp8193

湖口は防波堤が伸びています。

湖畔とはいえ能取湖は汽水湖なので、イザというときは津波もあるかもと8年前から覚悟はしていますが、波の入り口はかなり狭いようです。

油断は、禁物ですが。

大雪の日だと厳しいかもしれませんが、グラッと来たら、とにかく3匹の犬を放してから車にのって(載せて?)自宅横の砂利道を駆け上ろうということになっています。

海抜はほぼゼロメートルなので、できることはそれぐらいしかありません。

いざというときのシミュレーションは頭の中でときどきやってます。

Imgp8208

帰り道。

Imgp8209

大きなトリがいました。こっちに反応して集まってます。

エミューです。

2019年6月16日 (日)

出荷

この日は早朝からkinnが車に乗って津別へ行商に出かけました。

Imgp8093

でも嘉多山のお店はやってますので、自転車で出荷してきました。

Imgp8076

発泡箱にプリンとケーキ、バッグにたまごを入れて出発です。

これで自転車代は今年の経費計上できそうですね。(冗談です)

Imgp8077

よいしょ、よいしょ。

車だと片道10~15分くらいなんですが。

Imgp8091

出穂しました小麦畑。

丘の上は見晴らしがよいのですが、南風が強くてつらいです。

Imgp8085

何度かのアップダウンを乗り越えてもうひといき。

いつもだとアクセル吹かしてスイスイなんですけどね。

Imgp8087

無事に開店前にたどり着きました。

いつもの3倍の時間がかかりましたが、ホッとしました。額に汗がにじんでます。

「えー、自転車で来たの」

イチゴの出荷にきた農家のお母さんに驚かれて少しいい気分です。

ごほうびにイチゴのお裾分けをいただきました。ありがとうございます。

網走端野線沿いの 「グリーンヒル、905」 で土日だけシフォンケーキとプリンを置かせてもらってます。

Imgp8095

そんな目で見られても君は連れて行けないのよ。

2019年6月15日 (土)

峠越え

いよいよ嘉多山の峠を越えて北見まで走ってみることにします。

車で1時間ですから60キロ。

Imgp7942

最近、網走は熊があちこち出没してます。

こわいので脇道は走りません。

Imgp7953

丸山公園。すてきな東屋が建ってます。

作ってみたい。

Imgp7988

越歳駅逓跡。鉄道開通以前はここから網走湖に降りて舟を使っていたそうです。

むかしむかしの話です。

Imgp8001

無事に峠に到着。道路脇の小道を少し上ると、女満別の街を望めます。

トンビが気持ちよさそうに空を舞っていました。

荷物を減らし、自転車も最近のは軽くて、まあなんとかなるもんですね。

Imgp8010

鎖塚。

一年の突貫工事でこの道路の開通を目指したため多くの人が犠牲になりました。

その恩恵で気安く北見に通えています。

Imgp8017

緋牛内駅。

ハニ丸は元気ですか。

Imgp8041

端野町の川向(かわむかい)という集落には開拓当時の苦労を記録する石碑が建っています。

粒々辛苦 開墾ニ励ミ 幾度カノ凶作ニモ打チ勝チ

血ト汗ト涙デ今日ノ川向ガ拓カレタコトヲ忘レテハナラナイ 

Imgp8049

常呂川に出ました。 

サイクリングロードをのんびり走ります。

Imgp8058

昔すんでいた頃散歩でよく通った橋はまだ閉鎖中でした。

もう15年になりますか。

Imgp8069

北見駅に到着。

さいきん改装されてひろびろ、都会的な感じになってます。

Imgp8074

おや、こんなところにデゴイチ。

2019年6月 5日 (水)

登頂

暑かった日々が終わりようやく涼しくなってきました。

もう秋なのでしょうか。

Imgp7812

去年8月生まれのハナ子。

朝一番のたまごを拾いに行くと、ガーガー言いながら集まってきます。

Imgp7811

たぶん「朝ごはんまだなの、お腹空いてるんだけど」と言ってるんだと思います。

調子よく産んでくれてます。

午前中でさっさとたまごふきを終えて、正午出発で出かけます。

Imgp7784

初期不良の泥よけは自転車屋さんに入院してしっかり固定してもらいました。

Imgp7825

天気がよいのですがすがしい。

Imgp7828

網走川沿いの道。

車に乗っていると決して通りません。

風を感じながらゆったり走れます。

Imgp7848

網走市の最高峰、天都山登頂成功は午後2時30分。

207メートルだそうです。

まあ、なんとか。

Imgp7853

ご褒美に最近建て替えた流氷館へ。

Imgp7855

能取湖を眺めながら、あばしりピースたまごのカルボナーラをいただきます。

Imgp7857

ごちそうさまでした。

Café&restaurant 360 https://www.ryuhyokan.com/restaurant/

2019年4月14日 (日)

自転車旅行

Imgp6916

30年ぶりに自転車に乗ってます。

網走に住んで9年、久しぶりに行ってみたいところがたくさんあって、体力づくりも兼ねてます。

Imgp6767

でも車とちがってあんまり距離が稼げないんですね。一日30㎞がいいところ。

いずれは輪行しないとです。

2018年12月13日 (木)

湧網線の旅(1)

かなり旧聞に属しますが、市のリサイクル抽選で当たった自転車でやっと旅に出ました。

Dsc_5127

農園の前をサイクリングロードが走っているんです。

ニワトリの世話をしていると夏なんかはのんびり走っているのが見えて、いつかはいつかはと思って8年。

天気がいいのでささっとニワトリの仕事を終わらせて10時に出発。

Dsc_5128

ママチャリの日帰りでしたけどね。

Dsc_5134

旧卯原内駅。

うばらない。

うばります。うばるとき。うばれば、うばろう。うばった。うばる五段活用。

Dsc_5130

車からいつも眺めていた機関車。

49643号。

アルファベットは付いていませんね。

 ※ かれの履歴 http://d51498.com/db/9600/49643

Dsc_5136

客車も牽引してます。

オハ47 508号です。

Dsc_5137

内部は往事の内装を復元してきれいなものです。

Dsc_5138

市のクラウドファンディングで実現したんですよ。

https://actnow.jp/project/yumoissyoni-yumosen/?fbclid=IwAR0SnWbT7QlnjIlk8Hrka3mJKG0bLW7JxdhFvbr-MVi2MqY4yCjge9yCm9s

いつか中に入ってみたいですね。

Dsc_5146

さんご草満開。

一眼なんですが、赤い色がうまく出ません。

Dsc_5149

国道から一段下がったところ。

旧駅敷地かと思ったんですが、ちがうようです。

このサイクリングロードは旧湧網線の線路跡に作られています。

旧駅跡を探索するのが次の夢です。

Dsc_5152

ですので自転車のために立派すぎる跨線橋。

Dsc_5160

網走湖。風が強くなってきました。

Dsc_5164

大曲園地にはコスモス畑が毎年整備されています。

マラソン大会の会場にもなります。

Dsc_5166

看板がありました。

Dsc_5167

ここ網走大曲を起点に、平和を抜けて栄浦の先まで走っています。

来年は栄浦の方に行きましょうか。

Dsc_5169

「湧網線跡

昭和二十八年(一九五三)網走と中湧別を結ぶ全長九十キロの国鉄湧網戦が全通した。網走市内には卯原内、能取など七つの駅や乗降場があり、オホーツク海沿岸を走る列車は住民の足として親しまれたが、同六十二年赤字線整理のため廃止された。」

Photo

ありし日の路線。いろいろと感慨深いですね。

ちなみにこの日は9月18日であのブラックアウトから10日です。

Dsc_5170

何年振りでしょうか網走刑務所。

この場所で同僚刑務官出征を見送る役でエキストラ出演したことがあります。もう何年になるでしょうか。

Dsc_5171

モヨロ貝塚。資料館は最近整備されました。

このあと、蕎麦たべて帰ります。

走るとおなかがすきます。

Dsc_5173

帰りは雨、そして坂。

Dsc_5172

お。

「30年7月16日に熊の出没を確認しました。

通行・入林の際には、厳重に注意して下さい。」

自動車なら外に出なきゃだいじょうぶと思いますが、自転車は命の危険があります。

夜の通行はありえませんね。

吉村昭のドキュメントを読むといかにおそろしいかわかります。

Dsc_5177

虹が出てくれるので雨がふるもの悪くないと思います。

※ このあと1週間腰痛でくるしみました。ママチャリは老体にはやはり腰に負担が掛かるようで。(つづく)