カテゴリー「気象の記録」の記事

2019年9月 1日 (日)

豪雨と別腹

Imgp9062

8月31日の夕方に集中豪雨がふりました。

予報だと15時頃に雷雨と聞いていたので、やれやれやり過ごしたかと思っていたら薄暗くなってから空がピカッ。

若ビナが驚かないかなあと直撃を心配しながら見回りましたが、ゴロゴロ鳴るのも遠くなので平気なようです。

さあ家に入った途端に激しいどしゃ降りが始まり窓の外の立木がワッサワッサと揺れます。

Photo_20190901092901

雨雲レーダーを見てみたら能取湖西岸に赤い色の雨雲。80ミリ毎時を示していました。当地では90ミリで記録的短時間大雨情報が出ます。

 Imgp9063

幸い半時間とたたずに通過してくれましたが、こんなどしゃ降りは久しぶりでした。

数年前にも7月の最終日に同じようになって、あとで近所の人から竜巻が見えたと聞いて肝を冷やしましたことがあります。

夏はこういうのがこわいですね。

Imgp9061

ひらめさんも間一髪で赤い車に待避完了、ずぶ濡れを免れました。

さて翌朝のトリさんはとりあえず平静に見えてますが、明日の玉子がしんぱいですね。ビックリした後はいいことがありません。

増築の工事で西側の壁を開けてあった鶏舎は雨が吹き込んでびしょびしょでした。やはり動線を東側において正解でした。

Imgp9064

ちなみに、くだんの若ビナ・ドン子は120羽のうち5羽が目覚めてます。オスのコケッコーもだいぶ高音で通るようになってきました。

来るべき高産卵に向けてエサはタンパク質を増やした方がいいと聞きますが、むしろこの時期はカロリー補給かなあと朝食前と就寝前にコメをどっさり食べさせてます。普段の定食とは別腹よとばかりにおやつをねだってきます。

若い子はスイーツが好きですもんね。糖質たっぷりで太ってもらいましょう。

2019年5月27日 (月)

38度

Imgp7680

5月で30度はままある話ですが、令和の五月は違いました。

朝から太陽がやる気満々です。

Imgp7671

禁断の打ち水。驚かないでね。

Imgp7685

直売は正午で閉めて、熱風の中ドライブに出ます。

Imgp7710

藻琴海岸で水浴びです。トリも連れてこれるといいんですが。

(800羽)

とりあえずたまごは何とかなってます。

2019年5月20日 (月)

砂嵐

尋常でないつよい南風が吹いていて、異例ですが南の巻き上げを下ろしてます。

Imgp7538

東と一部の北は開放したままなので小手先の対応です。

巻き上げビニルの幕が時折バタッ、バタッ、とおそろしい音を立てます。

明日のたまごが思いやられます。

雪のない吹雪といったところでしょうか。全部閉められたらラクになりますが、室温25度にもなって限界です。せめて飲み水は十分用意してあげます。

農家のビニールハウスも同じようなジレンマなんでしょうね。

19052015

高気圧と低気圧がまずい感じで位置しているようです。

南風がブンブンふいて午後二時に瞬間25メートルだそうです。

Imgp7563

産卵絶好調のN子を真っ先に見に行ったら、例のオンドリP太郎が興奮して出迎えてくれました。まあだいじょうぶなんでしょうか。

快晴続きの地面から巻き上がった砂埃でときおり視界が遮られる中、網走市内の配達です。

ゴミやらビニールやらバケツやら散乱しています。

お客さんの裏の倉庫がこわれたそうです。

屋根のトタンがべろっとはがれたアパートを見かけました。

警官が出動して通行規制をしていました。(シートベルトかと思い焦りました)

「うちは大丈夫なのか?」

気が気でなく配達を終えて戻りましたが無事でした。

「自然に曝して鶏を飼う」という方針ですが、凶暴な自然に曝すのはさすがにきびしいいものがあります。

自然が凶暴な姿を見せたときにすぐ対処できるような鶏舎構造にしておくのは危機管理として大事かもしれません。

Imgp7549

こんな日にサクランボが満開です。食べたこと、ないんですが。

2018年9月 7日 (金)

復旧

9月7日金曜日19時49分にほくでんからの送電が回復しました。

最長7日と大臣も言っていたし、ザイは後回しになるだろうから長丁場だなあ、今夜は二晩目かと覚悟していた矢先にあっけなく復旧です。

Imgp5106

とにもかくにも北海道電力の尽力に感謝申し上げます。

電気がない暮らしはいろいろと経験し考えることがありました。

いろいろとまとめておきたいのですが、とりあえず。

地震、停電

あちこちの方からご心配いただいておりますが、人も鶏も犬も元気でやっております。

ニワトリは自然養鶏で飼っているので、電気が来なくても平気です。

ヒヨコは暗いと怖がって固まるのですが、ゆうべはLEDランタンで安心させました。

Imgp5103

今朝もずっと停電が続いているのですが、自家発電でネットに繋いでこれを書いています。

2018年9月 5日 (水)

台風21号

Imgp5030

第二室戸台風並のが日本海を北上すると聞いて昨夜から心配していましたが、

Imgp5031

強めの風が吹く程度で経過しています。

へっぽこ鶏舎なので自然の猛威にはひとたまりもありません。

四面開放中なので屋根が持ち上げられたら一発です。

関西空港が水に浸かったと聞いて驚いています。

南風が吹き20度前後だったのが25度越えの蒸し暑さです。

2017年12月29日 (金)

吹雪2号

12月25日(月)に直撃するとやらの低気圧は風のみでゆるしてもらいました。

オホーツクは大雪山に守られましたが、日本海側は大きな被害を受けたそうです。

数年前に毎週のように吹雪が来襲した頃を思い出します。

Imgp1065

そのかわり接近前の雨降りで根雪が融解、再凍結でつるんつるんです。玉子配達は細心の注意を払います。新しい靴がほしいです。

※ 以前に事故の記事を載せましたが、その後も無事に推移しておりますので、ご心配をおかけしました。

2017年12月16日 (土)

吹雪1号など

12月13日午後より強風と雪。配達は早めに済ませ帰宅。

Imgp0867

少し積もった程度で勘弁してくれました。

Imgp0857

気温が高いためか樹氷ができてますね。見とれてしまいます。

Imgp0842

わが家のもみの木。話しかけませんが。

Imgp0864

雪が積もるということは気温が上がるということで鶏にはよいことです。

逆に星空の綺麗な夜は鶏にとっては寒い朝になるということで、いただけません。

Imgp0846

もうひと月になった羅須子も温室の外で食べさせてみます。

だんだん寒さに慣れてもらわないとね。

Imgp0851

4ヶ月の空子。みるみる大きくなってよく食べます。

次代のホープです。年明けには初卵でしょうか。

Imgp0849

水桶の厚さで昨夜の冷え込みがわかります。

Imgp0854

もう一つの鶏舎の空子B。

Imgp0855

先日久しぶりに冬囲いをして冬季使用に耐えてます。今年は敵の襲撃が多いので真田丸と呼んでます。信繁が見張りをしてます。

Imgp0856

ビニルは内側からはってます。外からはってたのが良かったのかどうか。

Imgp0860

次はただいま産卵40%のユニ子。

Imgp0738

初卵はふつうMSサイズにも満たないのですが、ユニ子は大きく育ってから産んでいるため最初から規格内に入ってきてます。ゴルフで言えば第一打でグリーンに載る様な物でしょう。パークしかやったこと無いですけど。優秀なんです。

Imgp0870

ボリスブラウンはいろいろいいかもしれません。

Imgp0859

玉子不足がV字回復するまでもう一歩です。日産300個が350個になれば一安心です。変動の小さい養鶏ができればいいのですが。

Imgp0862

次は全力産卵中のちとせ。

メスはがっついてますがオスはこちらを警戒してます。

Imgp0863

最後はひらめのダッシュでこのとりとめのない記事は終わりです。

Imgp0866

動画 https://youtu.be/1yXR-OLITNY

2016年4月27日 (水)

くるんですか?

2

30日。

Photo_2

ふぶくそーです。

どっちから吹くのかによって対応が変わりますが、さてさて。

2015年10月 8日 (木)

台風23号

Weathermap00

ただいま台風直撃中です。先週はバクダン低気圧でベニヤ板が吹っ飛ぶ程度で許してもらいましたが、さてどうでしょうか。

風はまだ、先週ほどではない気がしますが、網走で瞬間23メートル。

Imgp4140

早起きして6時から朝ごはん、

Imgp4143

風が強くなってきて早々に止まり木の下に避難してます。産みは少し悪いようです。

Imgp4144

何事もありませんように。

より以前の記事一覧