« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の記事

2020年1月26日 (日)

勢力拡大

雪がちょっとずつ積もってきています。

Imgp0330

鶏舎が雪に囲まれてカマクラ保温効果を期待しているんですが、まだかかりそうです。

さて、屋根に雪が積もらないうちに。

Imgp0349

増築した鶏舎の筋交い(奥のナナメの棒)を入れました。

これでひとあんしんです。

Imgp0363

次は。

Imgp0351

10月3日に来たいわくつきのトミ子さんもずいぶん大きくなりました。

もうハトやカラスよりも大きくなって、来月節分の頃にはハツタマがみられるでしょう。

120羽に8坪でずいぶん狭苦しくなってます。

3か月前にはこの三つの箱の中でピヨピヨぬくぬく暮らしてたんですよ。

Imgp0354

そこで、奥の部屋に住んでいるゴン太さん75羽にどいてもらって、部屋を分割して場所を作ります。

それでも、さらに奥に増築部屋がつながっているので、まだ14坪のひろびろ大部屋暮らしです。

Imgp0359

まずは土台。

例によって使える材木の在庫は垂木しかありません。

基礎に置いたのも石でなくて角材のきれはしです。

Imgp0369

先に扉を取り付けます。

なんだか上が短いのはテキトーなんじゃなくて、隣の鶏舎に渡してある給水ホースを邪魔しないためです。

Imgp0371

あとは古トタンと金網、ベニヤ板を張り合わせて壁の完成。

本当は、上の横木までのぼったら向こうの部屋とつながっています。

上り癖がついてトリたちに気づかれるまではこのままにしておきましょう。

Imgp0374

お待ちかね、手前の扉と壁を外してやると、おそるおそる探検隊が出動です。

「ヒロビロシテイイワネ」と思うようになるまではもう少しかかりそうです。

Imgp0328

以前は、ヒヨコはヒヨコ専用の部屋、卵を産むころになったら成鶏舎に引っ越し、という飼い方をしていました。

2年前の11月のヒヨコ(ゴキゲン)からやり方を変えました。

成鶏舎育雛といって、ヒヨコからおとなになるまで一生同じ鶏舎で飼っています。

引っ越しの肉体労働がないかわりに、鶏舎の改修とか配線とか育雛箱の設置とか、かえっていろいろと手間のかかる方法です。

小さいうちは何度もヒヨコの様子を見に行かなくてはいけないのですが、鶏舎は奥のほうまで建っているので遠くの鶏舎で育雛すると歩く距離も増えます。

ですが、引っ越しせず、自分の生まれ育った場所で暮らしていける、というのはニワトリにとってもいいことなんじゃないかと思ってやってます。  まあ、自分は何度も引っ越ししてますけどね。(十回くらいかな?)

2020年1月20日 (月)

大寒

一瞬先は闇、という言葉がつい先日は思い浮かんでいたのですが、なんだかおだやかな1月で。

ガソリン代だけは高くならんでほしいものです。

さて、雪が少ないそうです。

Imgp0313

除雪をしなくていいのはありがたいのですが、鶏舎が雪で囲われていないと寒さが身に沁みます。

外が10度でもなかは0度ぐらいで10度くらいあたたかい印象があったのですが、こう雪が少ないともろに冷気が入ってくるようで、マイナス5度の舎内はさすがにマズイかんじがします。

Imgp0314

この週末のマイナス15度三連発はこたえました。

Imgp0308

卵がどんどん減っていって、産んでも殻がざらざらだったりします。

「寒イノハツライノヨ」と声が聞こえてきます。

今年の育雛計画を見直したりしてます。

Imgp0315

買ってあったショウガと、年末にいただいた酒かすをぐつぐつ煮こんでえさに混ぜてやりました。

ショウガオール効果です。

翌日から、寒気が緩んだせいかもしれないんですけど、卵が増えました。

殻もすべすべになって、卵をふいていてもニワトリたちのほっとしたゆるんだ感じが伝わってきてにんまりします。

気のせいかもしれないんですけどね。 

さてこれからは。

「今年は雪が少ないようなんだけど、このままじゃ許しちゃくれないよね。油断しちゃだめだよね」

というのが配達先のみなさんのもっぱらの予想です。

Imgp0305

走る日を待ち遠しく。早く春が来てほしいものです。

Imgp0317

父とおなじ名前のお酒を妹がゲットして送ってくれました。

これもまたいただいたイクラ丼でたのしんでます。

いろいろとありがたい今日この頃です。

※ ブログもこんごは週1更新めざしますのでよろしくお付き合いくださいませ。

2020年1月 4日 (土)

令和二年正月

Imgp0302

いつのまにか新年があけました。

Imgp0288

今年もぼちぼちいきましょう。

よろしくお願いします。

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »