« 秋の風 | トップページ | 立秋 »

2019年8月 4日 (日)

土台置き

Imgp8850

鶏は水浴びをしないんですが、とうとう水桶で足を冷やす鶏が出てきました。

さすが2年あまり飼っているといろいろ考えるんです。

それでも少し暑さが和らいだので、ひと月ほったらかしていた令和大増築を再開します。

Imgp8846

ひさしぶりに現場に入ってみたら、片付けるのを忘れていた設計図が裏山に捨てられた本みたいになってました。

Imgp8853

前回置いた束石の間にもう1個石を置き、土台を2本渡します。

本当は遣り方を立てて位置を測るのですが、アバウトです。

高さは水準器で確かめ、縦横方向の位置は見通して調整します。

実は2間の木材の在庫が後でちょっと足りなくなりそうですが、なんとか新規購入せずに乗り切れますかどうか。

Imgp8863

曲がっているのは木材のねじれのせいです。

材はたぶんカラマツだと思いますが(廃材利用)、カラマツは時間の経過でどんどんねじれる性質があります。

Imgp8861

あんまりビシッと留めてしまうと束石も含め全体が歪むのでとりあえずは仮留めしておきます。

Imgp8860

10.5センチ(3寸半)角の太めの材なので切り欠きを作っておきます。あとで横材を石の上に載っけなければなりませんから。

Imgp8845

無事だった設計図はこんな感じ。

来週はいよいよ柱を立てます。

 

 

« 秋の風 | トップページ | 立秋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の風 | トップページ | 立秋 »