« 見学会 | トップページ | ドン子拡大 »

2019年6月28日 (金)

基礎入れ90分

今日は基礎入れ。

Imgp8270

朝から「今日はやるぞやるぞ」と唱えながら気持ちを高めて作業開始。

Imgp8267

まずは母屋のトタンをはがしてビスを左右の角に打ち込みます。これが水準点となります。

Imgp8281

三平方の定理で斜辺の長さを算出。

Imgp8282

さっきの水準点にメジャーを巻き付けて交点を出します。ここが基礎を入れる場所。

Imgp8284

いつもは基礎の石に長いのを使うんですが、もうツライだけなので短い物を。

数年前に工房のアプローチを作ろうと意欲を燃やし燃え尽きたあとに残ったものを使います。

Imgp8288

高さがそんなにないので、表面の草を削ったくらいであっけなく基礎入れは終了です。

短いということは安定の面でやや不安がありますが、今のエサ小屋4.5坪はこれを使って問題なく何度も冬を越してますので大丈夫でしょう。

Imgp8275

鶏舎建て七つ道具のビニールチューブ。このタイミングでしか使いませんが、必ず使います。

Imgp8293

中心に水を張ったバケツを置いて、そこからチューブで水を吸い寄せます。

(犬のhirameはお手伝いしてるつもりです。群れで取り組んでるつもりで楽しいようです)

Imgp8289  

チューブの中の水面が水準点と同じ高さを示します。

 

Imgp8296

本当は「遣り方」という木枠を立てて、水糸を張るんですがその工程はカット。

測量から始めて、基礎石4本が午前中の1時間半であっけなく終了です。

母屋をしっかり造ってあるので、多少手抜きしても大丈夫でしょう。……たぶん。

Imgp8251

ハマナスが咲いていました。

花はじぶんが咲きたいように咲いてるんですね。

« 見学会 | トップページ | ドン子拡大 »

セルフビルド Selfbuild」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 見学会 | トップページ | ドン子拡大 »