« 出荷 | トップページ | 能取湖口 »

2019年6月23日 (日)

令和の大増築

 4月にきた「ドン子」120羽は7坪の部屋に一杯になってきました。

踏まないよう掻き分けて奥のユニ子の卵を取りに行ってます。

Imgp8243

手乗りニワトリも辛くなってきました。

Imgp8240

「鶏舎を増築してニワトリをゆったり飼おう」というのが令和元年の目標なのです。

この子らが産み始める秋までに広げておかないと、またぎゅうぎゅう過密に逆戻りです。

自転車に乗ってばかりはいられないのです。

 Imgp8142

増築するのは、鶏舎の西側。

風上なので冬の吹雪の時にはたいへんなことになり、作業動線としては早くに放棄して使ってない土地です。

さてどれぐらいの大きさにするか。

Imgp8145

2間(3.6m)も延ばすと広いですが仕事がツライですね。

3年前に東側を2間で増築したとき雪が積もるなか命綱つけて屋根を張った悪夢が思い出されます。

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-0bdd.html

鶏舎回りの余裕が全くなくなるのもよくなさそうです。

今回は手抜きして経費をかけずに作る方針なんです。

Imgp8144

でも1間(1.8m)じゃやっぱり狭いですね。

Imgp8157

あいだをとって1.5間(2.7m)で行きましょう。

Imgp8161

屋根の傾斜はこれくらい。

軒は1.4mまで下げます。上に登らず地面に立って作業ができます。

気持ち的にずいぶん楽になります。

ハードルをどんどん低くする、というのも頑張れるコツです。

« 出荷 | トップページ | 能取湖口 »

セルフビルド Selfbuild」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出荷 | トップページ | 能取湖口 »