« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

2019年5月27日 (月)

38度

Imgp7680

5月で30度はままある話ですが、令和の五月は違いました。

朝から太陽がやる気満々です。

Imgp7671

禁断の打ち水。驚かないでね。

Imgp7685

直売は正午で閉めて、熱風の中ドライブに出ます。

Imgp7710

藻琴海岸で水浴びです。トリも連れてこれるといいんですが。

(800羽)

とりあえずたまごは何とかなってます。

2019年5月20日 (月)

砂嵐

尋常でないつよい南風が吹いていて、異例ですが南の巻き上げを下ろしてます。

Imgp7538

東と一部の北は開放したままなので小手先の対応です。

巻き上げビニルの幕が時折バタッ、バタッ、とおそろしい音を立てます。

明日のたまごが思いやられます。

雪のない吹雪といったところでしょうか。全部閉められたらラクになりますが、室温25度にもなって限界です。せめて飲み水は十分用意してあげます。

農家のビニールハウスも同じようなジレンマなんでしょうね。

19052015

高気圧と低気圧がまずい感じで位置しているようです。

南風がブンブンふいて午後二時に瞬間25メートルだそうです。

Imgp7563

産卵絶好調のN子を真っ先に見に行ったら、例のオンドリP太郎が興奮して出迎えてくれました。まあだいじょうぶなんでしょうか。

快晴続きの地面から巻き上がった砂埃でときおり視界が遮られる中、網走市内の配達です。

ゴミやらビニールやらバケツやら散乱しています。

お客さんの裏の倉庫がこわれたそうです。

屋根のトタンがべろっとはがれたアパートを見かけました。

警官が出動して通行規制をしていました。(シートベルトかと思い焦りました)

「うちは大丈夫なのか?」

気が気でなく配達を終えて戻りましたが無事でした。

「自然に曝して鶏を飼う」という方針ですが、凶暴な自然に曝すのはさすがにきびしいいものがあります。

自然が凶暴な姿を見せたときにすぐ対処できるような鶏舎構造にしておくのは危機管理として大事かもしれません。

Imgp7549

こんな日にサクランボが満開です。食べたこと、ないんですが。

2019年5月14日 (火)

令和の平和から

Imgp7432

ヒヨコさんはずいぶんと活発に育ってます。

Imgp7428

箱から飛びだしてます。ずいぶん早い感じですが、元気なのは歓迎ですね。

Imgp7218

平成もいよいよ終わるというのでいろいろ考えます。

Imgp7227

改元の晩はテレビのあるところですごしました。

網走神社にお参りして日本の弥栄をお祈りいたしました。

Imgp7223

令和もよい時代となりますように。

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »