« ミキサー | トップページ | 飼料分析 »

2019年3月 9日 (土)

かひこ、かいご

先週はPM2.5が多いということで注意報が出てました。

あんまり外に出ないほうがいいそうです。

Imgp6402

中露国境の火災が原因だとかなんとか。

Imgp6429

開放鶏舎のうちはどうなるんでしょうか。

あるがままを受け入れてやってます。

夜がマイナス5度くらいになってきましたので、巻き上げは上げたままにしています。

鶏舎で深呼吸ができるくらい、換気がよくなりました。

Imgp6435

毎週土曜日に一週間分の小麦を粉砕して貯蔵しています。

Imgp6437

地面が見えてきて75キロのソリを引くのもつらくなってきました。

Imgp6393_2

最近は湧別に時々行ってカキガラを買ってきます。

Imgp6392

これと、常呂のホタテ貝ガラを併用してます。

たまごを毎日のように産むニワトリは、貝ガラが大好きです。

貝ガラがニワトリの体内で消化されて、卵殻に再構成されていきます。すごいですね。

Imgp6371

でも、まだ産まないヒナは、貝ガラをあんまり食べません。

床にまき散らした貝ガラをねらって、隣で暮らしているオネイサンたちがドアを開けた隙に突入してきます。

エサに貝ガラを混ぜてやっていましたが、これは貝殻が少ないなあと気づいてどっさりやることにしました。

Imgp6422

はい。

Imgp6425

どーぞ。

好き嫌いあるでしょうから好きなときにね。

季節は春、産卵シーズンであります。

昨日はとうとう400個いきました。

冬なら320個くらいでよく産んだなあと思っていましたが、産むものです。

ちょうど新しいお客さんも買いに来てくださって、ありがたいことです。

ところで先日、配達の途中に図書館に寄ってニワトリの本を眺めていたらおもしろいことが書いていました。

・十世紀の『和名類聚抄』という本によれば、たまごはむかし「加比古」と呼んでいた。

・十六世紀の『日葡辞書』には「Caigo」。

・沖縄などでも今でも「かいこ」と呼ぶ地方がある。(http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000195411

たまごは、「かひこ」「かいご」すなわち貝の子、だったそうです。

昔の人はたまごを見て、貝殻のようなものと思ってたわけですね。

そりゃ貝殻まいにち食べてますからね。

貝殻みたいなのを産むわけです。

納得。

Imgp6438

トラが玄関の番してます。

Imgp6441

この子も最近ドライブによく連れてってもらっていろいろ思うところもあるようです。

« ミキサー | トップページ | 飼料分析 »

たまご EGGS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かひこ、かいご:

« ミキサー | トップページ | 飼料分析 »