« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の記事

2019年3月22日 (金)

三寒四温

もみがらベッドでぬくぬく
Imgp6527
使いやすいように袋に詰めてしまっておきます。
Imgp6560
天気がよいので焼き肉をしようということになり
Imgp6532
戯れてます。
Imgp6539
シメはうちのタマゴ。
Imgp6553
春ももうすぐと思ったらまた雪です。
Imgp6566
しっかりツジツマ合わせてきてます。 ※ブログがリニューアルしてちょっと不便になったかも知れませんがよろしくお願いします。

2019年3月17日 (日)

産み疲れ

また雪が積もりました。

Imgp6447

春がちょっと遠のきます。

Imgp6451

とうとう二階も雨漏り(すがもり)。昭和の建物です。

カセットテープが水浸し(涙)。

Imgp6525

もみ殻をもらってきました。

発酵飼料を作るのに使います。

Imgp6520

借りてるダンプが雪にはまりかけて焦ります。

車両感覚がつかめません。

私にはやっぱり軽がお似合いですね。

Imgp6457

一時期反抗期だった8月ビナ「ハナ子」もすっかり順調に産んでくれています。

気は抜けません。

Imgp6477

13日に1歳の誕生日を迎えた「ぐる子」も快調。

Imgp6482

二部屋ぶち抜きで暮らしたのに加え、

秋からジャガイモをたくさん食べさせたのが良かったようです。

Imgp6498

でも5月生まれで10月からめいっぱい産んできた「ごん」

羽が乱れてきて、このところちょっとあやしい感じ。

小麦も残します。

Imgp6514

エサが気に入らないようです。

ジャガイモもとうに無くなって、鶏たちが秋から体内に蓄えてきた栄養も在庫切れの様子。

「産み疲れ」です。

春も来たし、小麦中心にと早々にエサをいじったのがいけなかったのかなあと反省しています。

Imgp6516

あわてて小麦を全量砕いて食べやすくしていますが、栄養価で言うとお米やトウモロコシにはかないません。

エサ代をはじめいろいろ経費が値上がりしてきていますが、お金かけるところにはきっちりかけてやらないといけないなあと反省しています。

Imgp6507

2019年3月 9日 (土)

飼料分析

Imgp6414

物置に置いてあったハカリ君がひさしぶりに活躍しています。

Imgp6404

バケツいっぱいで何キロあるんだろうか。

スコップ一杯は?

Imgp6406

ちゃんと量っておこうと思ったわけです。

Imgp6410

右の重りに分銅を追加して、微調整は横棒のツマミを動かします。

Imgp6412

5キロから150キロまで。100グラム単位で量れるんですよ。

これも美幌の先輩から譲り受けた物です。

Imgp6415

冬休みの宿題を提出してしまうと、来年はもっといい成績を取ろうと努力するわけです。

Imgp6390

ヒラメは言うこと聞くいい子になってきました。

かひこ、かいご

先週はPM2.5が多いということで注意報が出てました。

あんまり外に出ないほうがいいそうです。

Imgp6402

中露国境の火災が原因だとかなんとか。

Imgp6429

開放鶏舎のうちはどうなるんでしょうか。

あるがままを受け入れてやってます。

夜がマイナス5度くらいになってきましたので、巻き上げは上げたままにしています。

鶏舎で深呼吸ができるくらい、換気がよくなりました。

Imgp6435

毎週土曜日に一週間分の小麦を粉砕して貯蔵しています。

Imgp6437

地面が見えてきて75キロのソリを引くのもつらくなってきました。

Imgp6393_2

最近は湧別に時々行ってカキガラを買ってきます。

Imgp6392

これと、常呂のホタテ貝ガラを併用してます。

たまごを毎日のように産むニワトリは、貝ガラが大好きです。

貝ガラがニワトリの体内で消化されて、卵殻に再構成されていきます。すごいですね。

Imgp6371

でも、まだ産まないヒナは、貝ガラをあんまり食べません。

床にまき散らした貝ガラをねらって、隣で暮らしているオネイサンたちがドアを開けた隙に突入してきます。

エサに貝ガラを混ぜてやっていましたが、これは貝殻が少ないなあと気づいてどっさりやることにしました。

Imgp6422

はい。

Imgp6425

どーぞ。

好き嫌いあるでしょうから好きなときにね。

季節は春、産卵シーズンであります。

昨日はとうとう400個いきました。

冬なら320個くらいでよく産んだなあと思っていましたが、産むものです。

ちょうど新しいお客さんも買いに来てくださって、ありがたいことです。

ところで先日、配達の途中に図書館に寄ってニワトリの本を眺めていたらおもしろいことが書いていました。

・十世紀の『和名類聚抄』という本によれば、たまごはむかし「加比古」と呼んでいた。

・十六世紀の『日葡辞書』には「Caigo」。

・沖縄などでも今でも「かいこ」と呼ぶ地方がある。(http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000195411

たまごは、「かひこ」「かいご」すなわち貝の子、だったそうです。

昔の人はたまごを見て、貝殻のようなものと思ってたわけですね。

そりゃ貝殻まいにち食べてますからね。

貝殻みたいなのを産むわけです。

納得。

Imgp6438

トラが玄関の番してます。

Imgp6441

この子も最近ドライブによく連れてってもらっていろいろ思うところもあるようです。

2019年3月 2日 (土)

ミキサー

Imgp6374

雪融けが進んで2駆で走れるようになってきました。

Imgp6373

氷で覆われていた湖面もあけてハクチョウさんの飛来も間もなくでしょうか。

さて、美幌のお客さんからカボチャの残り物をもらいました。

この時期だとお店に並んでるのはメキシコ産とかなんですが、近くの農家さんからもらった正真正銘の地元産だそうです。貴重ですね。

Imgp6376

よほど大きく成長したのか種も大きくて硬くて、ストーブの上で何日か温めてみましたがさすがにニワトリは丸呑みしてくれなさそうです。

夏にバナナジュース作ってるミキサーでやってみたら、なんとしっかり砕けるではないですか。

カボチャの種は中にいい成分が入っててニワトリにもいいんです。

冬場は緑がないので栄養も偏りがちですが今日は楽しくエサやりができました。

Imgp6378

2019年3月 1日 (金)

麦芽

Imgp6364

3月1日7時前の朝日です。気温はマイナス13度。

日中は天気も良くてどんどん雪が解け、半月ほど早く春が来ている感じです。

Imgp6305

今冬は雪も少なくて、雨漏り対策で屋根の雪下ろしもすぐ終わります。

吹雪なんてあったでしょうかというくらいの穏やかさ。

でもこのままお天道様が許してくれるはずはないよね、と配達の先々で話しています。

Imgp6299

ジャガイモも終了。

Imgp6302

カボチャももう無くなりそうです。

寒さのピークは越えたのでセーフでした。

Imgp6316

先日の事故で減ってしまったN子はぐんぐん成長しています。

Imgp6310

その一つ上のお姉さん87(ハナ)はようやく毎朝の産卵生活が落ち着いてきた様子です。

もうまる7ヶ月にもなるのに、まだ50グラムの新子が出てます。

産卵率も120羽のうちやっと最近100個を超えてきた感じでスローペース。

殻もあまり硬くなくてエサの調整に一苦労でした。

なかなかうまく行きませんね。

Imgp6328

そのせいもあって麦を発芽させてます。

古い湯たんぽを使って二晩保温します。

Imgp6330

デンプンが糖分に変わり、やわらかくなっておいしくなるのでいいようです。

まあ、60キロのうち5%の3キロですから気持ち程度ですけどね。

Imgp6331

レシピはこんな感じです。

Imgp6339

玄関フードで日に当てて青くしてやろうと企みましたが湿度不足で失敗でした。

ことしはいろいろ畑仕事もちゃんとやってみようと思います。

Imgp6366

春はすぐそこまで来ています。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »