« THE ROYAL EXPRESS | トップページ | 冬の育雛 »

2019年2月14日 (木)

羽抜け鶏

生後4ヶ月の初卵からはじまってずっと産み続ける鶏たちは休む暇がありません。

ずっと産みつづけるよう品種改良されているし、意図せず休んでもらってはこちらも困ってしまいます。

Dsc_5404

秋には休んで、たまごに使っていた栄養で羽を新しく換え、脂肪を蓄えて冬に備えるのが本来の姿でしょう。春、日が長くなるとたまごが増えてくるのは、季候の良い春・夏に子育てをしたいからだと思います。(そうすると次世代の春ビナは、本来は秋に産卵開始せず冬を越してから産み始めたのかもしれません)

しかし年間通してたまごを定期・定数で配達して販売して暮らしを立てている身としては、鶏が本能のまま自然に暮らしてもらっては困ります。そんな飼い方じゃ趣味になってしまいます。

たまごが少ないとき、「自然だからしょうがないねえ」と言って下さるお客さんもいらっしゃいますが、それも心苦しく、プロの養鶏家としてそれでいいのかという気にもなります。

新年明けて需給バランスも落ち着いて、やっとベテランさん「ユニ子」(29年6月生まれ)にお休みをとってもらうことにしました。

Dsc_5379

羽をごっそり落として生えかわり中です。

この群はほぼ産んでません。

ひと月ほど休んでまたいいたまごを産んでくれると思います。

Dsc_5378

エサを調整しじょうずに誘導してやれば寒さの厳しい真冬でも換羽できることがわかりました。

このユニ子はもう1年8ヶ月になりますが、たまごがそれほど減らず、羽もきれいなままでいてくれてます。

後ろがつかえているので長く飼ってやれませんが、こんな飼い方がぜんぶの群でできれば、ほんとうはもっと長く飼えそうです。

今年はヒヨコの数を減らして、限られた鶏舎をうまく回して長く飼えるような計画を立てています。少なく育てて大事に飼う2カ年計画です。

« THE ROYAL EXPRESS | トップページ | 冬の育雛 »

にわとり CHICKEN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽抜け鶏:

« THE ROYAL EXPRESS | トップページ | 冬の育雛 »