« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の記事

2018年6月30日 (土)

母と関節痛

(今回は文字ブログです)

昨年ごろから腰痛がちで、やわらかすぎるベッドがいけないのかなあと硬めに調整して寝ていたら今度は気づくと右足の付け根が痛みます。

五十を前にしていろいろあります。

通常の歩行動作では無自覚、でも違う角度に稼働させると途端ビリリっと痛むのです。
地面のでこぼこ、逃げた鶏の捕獲、地面の物を足でこっちに寄せる動作さえ難儀いたします。
しばらくほっておいても治らないので病院で見てもらうことにしました。

先生は、就農してまもなく、右手親指腱鞘炎のときにお世話になった方です。信頼の置ける先生でなんです。

「手術するか、それとも様子見るかもできます」

あのときそう言ってもらってずいぶんほっとした覚えがあります。
先に受診した別の病院では

「これは手術しかないですね」

と宣告されて泡を食ってセカンドオピニオンを求めて訪ねた病院でした。たくさんの患者さんをどんどんさばきながらもちゃんと向き合ってくれる感じの先生です。

(さいわい、先生の見立どおり鎮痛剤をのんで無理な動作をせずにしていたら自然完治してくれました。当時は冷凍の魚をハンマーでたたき割るというむちゃな作業を毎日くりかえしていたのがよくないのでした)

 さて、MRIでちゃんと調べましょうということになって、ずいぶんと医療費がかかり閉所恐怖症の私には苦行となった十数分間でしたが、断層写真を見ても顕著な兆候は見つからず、病名はつきません。薬を飲んでしばらくようすをみても痛みは長引いています。

 おかしいなあと首をひねっていたら、実は家族の者に関節リュウマチ患者がいたことに話が及び、そりゃ遺伝かも知れませんね、と採血検査を受けることになりました。

「え、これ母親のリューマチが遺伝したんですか、でもワタシ男ですよ」

「いや、男性でも臨床では結構かかってるんですよ、近親者がかかっているということは可能性はかなり、高いですね」

「えーそうですか……」

母は既に鬼籍の者ですが、私を二十七、八で産んでから骨がよわくなり、リューマチがだんだんと進行して指が曲がり、両足の膝関節に金属(チタンだったとおもいます)を入れる手術をし、さらには首の関節まで金属を入れる手術を繰り返しました。

ずいぶんとつらそうで、それでも気丈に暮らしよく笑う母でした。ずいぶんと親不孝もし、苦労もかけましたが。

その母を生涯くるしめた関節リューマチが自分にも遺伝していたとは、おぼえず目頭が熱くなるのをなんとかこらえてその日の支払いを済ませ、採血の結果を待って二週間。

この体はやっぱり母からもらったんだなあと妙に納得もし、母がたたかった病気ならば息子が引き継いで闘うのも仕方のないことだ、と観念もするようになりました。

右足の痛みも長く付き合うようになって慣れてきたのか、それとも痛みが薄れてきたのか、毎朝夕食後の鎮痛剤を飲むこともやめていました。

さて宣告の日。ドキドキしながらお医者さんの診察室に入ったわけです。

結果、

「リューマチを示す因子は出ませんでしたね、まあもっと年取ってから発症する例もありますから油断はできませんけどね」

ということでとりあえず執行猶予付き放免となったわけであります。やれやれです。

でも年を取るといろいろありますね。

Dsc_4771_convert_20180630073343

そういうことも受け容れて生きていけたらなあとは思います。

2018年6月25日 (月)

生命力

Imgp3848

暑かったり寒かったりが激しくて、とうとうヒヨコが調子を崩してしまいました。

Imgp3849

朝食の時に外に食べに来ずに、温室の電灯の下で2羽、しょんぼりしているのです。

羽をだらりと下げて、おなかの痛みに耐えている様子は見ていて辛いものでした。

これまでヒヨコは、幸いにもわりあい元気に育てることができてきたのですが、こんなに具合の悪い姿はあまり見たことがありませんでした。

Imgp3983

「夏のヒヨコは育てるのが難しい」ということを聞きます。

ほどよく寒いと、電球の下に集まってきて人間が上手に管理できるのですが、

へたに暑くなると外で眠ったりして、それが朝の冷え込みで調子を崩したりします。

人間で言うと、寝冷えをするのと似ています。

Imgp3984

今年の5月6月は変な気候で、真夏のような暑さになったかと思えば早春のひんやりとした気温に下がって家のストーブをつけたりと極端でした。ヒヨコにいいわけがありません。

でも5月にヒヨコを育てておけば、半年後の11月にしっかりいい玉子を産んでくれて、玉子不足の時期には心強いのです。

Imgp3986

「これはだめかもしれないなあ」と重いながら、でも最大限できることを全部してやろうと思いました。

  1. 寒がっているので特別に暖房の効いた部屋を確保する。
  2. 昼間でも電灯をつけて安心させる。
  3. 他のヒヨコと隔離して静かな場所を作る。
  4. 栄養の付くエサを与える。ゆで黄身、ヨーグルト、ミミズ。

ミミズはもちろん他の元気なヒヨコにもお裾分けが当たって、病室の外では大運動会が始まります。これ以上調子を崩す子が出ないようにといのります。

幸運にもヒヨコ部屋の前の敷地にはミミズがこのところ大繁殖してミミズガーデンになっていて、スコップでちょっとさらえば容易く入手できます。

Imgp3987

今晩が山かと思った次の朝。

Imgp3988

さいわい、元気を取り戻してくれました。

Imgp3989

目の輝きが違います。

Imgp3993

蓋を開けて、みんなのところに合流させました。

もう大丈夫です。

Imgp3985

こんな小さな体でも、元気になっていけるんですね。

2018年6月17日 (日)

霧雨

Imgp3816

もう一週間は続いたのでしょうか。

Imgp3831

きょうもお日さんを見られません。

Imgp3812

畑には水が溜まってます。

地面はぬかるんで滑りそうになります。

Imgp3837

作業用水の確保には事欠きませんが。

Imgp3824

今年最初の刈り払い機でススキ?のやりたい放題は防ぎました。

Imgp3836

借り倒した、もとい(笑)刈り倒した上を踏みつけてエサを運んでます。

良質のサイレージになったかもしれないあとちょっと後悔。

Imgp3843

寒いです。

Imgp3842

暖房機と冷房機を常設してあるタマゴ部屋。

トリさんのエサも小麦に米・コーンを混ぜて冬配合に逆戻り。

Imgp3806

ごんべい(名無し)は元気です。

Imgp3811

保温もだいぶん要らなくなりました。よく食べてます。

Imgp3817

これだけ雨が降り続くと湿度100%で体の細胞構造が泥になってしまいそうです。

買っておいたヨーグルトに手をつける気にもなりません。

2018年6月14日 (木)

乱高下

Imgp3780

サムイ日が続いています。気温が10度ってどういうことですか。

寒くて曇天の空を撮る気にもならず写真は夏日だった頃のもの。

石北峠は積雪、北見峠は雪で通行止めだそうです。

この日にチキン出荷やひよこ受け取りがあったらと思うとぞっとします。

Imgp3804

6月だというのにストーブをつけ、近くの温泉に出かけたり特製キムチ鍋をすすったりして風邪を引かないよう頑張ってます。お鍋はいろんな野菜と納豆を投入するのがポイントで、ふわふわタマゴもおいしく仕上がってます。

トリさんたちもエサを食い込む量が増えています。

Imgp3696

ひんやり寒くても、30度に上がるよりはましかと思いましたが、暑かったり寒かったりで調子を崩しているらしく、産卵2年目の子達はとくに殻があまりよくありません。かといって出荷量を減らせるわけでもないので、1個1個玉子とにらめっこしてパックに詰めています。心苦しい限りです。こういうときにちゃんと余裕を持って産めるように飼っていれば、と思うのですが、まだまだです。

Imgp3782

次のホープは7月半ば初卵予定のグル子。

Imgp3788

これまで1群90羽だったのが、今回120羽ですので大所帯です。

それを24坪の部屋で坪羽数5羽でぐるぐる広々飼ってやろうと思ってます。

Imgp3767

その次は名無しのごんべい75羽、気の早い子がもう育雛箱脱出を強行してます。

寒暑乱高下でちょっと心配なんです。去年6月末のユニ子はだいじょうぶでしたが、今回はどうなるやら、ミミズ・煮豆・ゆで玉子で体力をつけています。

Imgp3764_2

週末に暖かくなるそうなので待ち遠しい限りです。

暑けりゃ暑いと文句を言い、寒けりゃ寒いと愚痴をこぼし、ドモナランですね。

2018年6月 8日 (金)

オスいろいろ

Imgp3672

ボリスのメス。昨年6月に来たユニ子ともうします。

産卵絶好調・羽装良好で性格穏やかに育ってくれています。

Imgp3658

これがオス。

ボリスのオスはもみじと違って尾羽がすらりと伸びて体格も横長の気がします。

Imgp3657

なにやら妙な動きをします。

Imgp3656

迷い迷い

Imgp3655

決断したようです。首の毛が少し逆立ってますね。

怒ってます。

何かのきっかけで私は外敵と見なされ事ある毎にけんかをふっかけてきます。

Imgp3227

いつもながらドキッとします。

少年時代、他人の家の「猛犬注意」と書いてある犬が鎖を放れて追いかけてくるあの恐怖に少し似ています。それが自分の飼育下で起きるわけですから。

Imgp3223

それなりに痛いんです。

こちらも本気でけっ飛ばしてやらないと戦いは終わりません。

向こうにしてみれば私は「進撃の巨人」なんです。

※ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E6%92%83%E3%81%AE%E5%B7%A8%E4%BA%BA

巨大な敵に対しその小さな体で危険を顧みず本気で向かってくる雄鶏には敬意を感じずには居られません。

まあ、取って喰いはしませんけど、いや、メスは結果的には喰うんですから同じといえば同じで、彼はあの漫画の主人公と変わりはないわけです。

そういう話を数年前に学校の講演会で中学生相手に喋ってやったらえらく男子たちが盛り上がっていたのを思い出します。

Imgp3726

こっちは同じユニ子の別の群のオス。さっきのがユニ太郎でこれがユニ次郎。

Imgp3725

けんかをしたことがないので私が近づくと恐れて隠れてしまう平和主義者です。

Imgp3724

オスもいろいろですね。これはこれで彼のいき方です。

メスはオス無しでも玉子を産みますが、オスが居るとメスはやはり居心地がいいようです。

Imgp3245

見てくださいこの勇姿。

穏便にすませたいこっちはとっても面倒なんですけどね。

2018年6月 7日 (木)

夏のヒヨコ

Dsc_5122_convert_20180607061820

嘉多山の入道雲。

Imgp3766

網走駅も緑を背負います。

Imgp3765

いつものアツイアツイポーズ。

Imgp3713

エサ小屋に雀蜂さんがいました。

カメラを近づけても巣作りに夢中です。

どうしましょ。

Imgp3727

このところの暑さでちょっと心配だった名無しのヒヨコさんも元気回復です。

Imgp3763

毎日1羽1本ずつミミズを掘って与えたのが効いたようです。

夏の育雛はリスクが高めだそうですが、とりあえずよかったよかった。

Imgp3704

2018年6月 5日 (火)

夏日続く

Imgp3674

リラ冷え、と聞くと笑っちゃうような暑さが続いています。

Imgp3685

涼しさを求めて床を掘るニワトリさん。

Imgp3665

暑いと卵殻形成がうまく行かず割れる玉子が増えます。

食欲もなくなり産卵数も減るのでダブルパンチで出荷可能の玉子が減っていきます。

Imgp3660_2

朝からヤル気マンマンの日差しのもと、蝦夷春ゼミも元気よく鳴いています。

あと数日この暑さは続くらしいのですが、ちょっと心配になってきました。

Imgp3669

トラ先生には水浴びして涼んでもらってます。

https://youtu.be/PmTaSlOmGqM

トラさん、あなたは河馬ですか。(笑)

2018年6月 4日 (月)

柳絮

リュウジョ、が飛んでました。

中島みゆき「EAST ASIA」の歌詞に出てきます。

Dsc_5058_convert_20180604064959

どこにでもゆく柳絮に姿を変えて

どんな大地でもきっと生きてゆくことができる

ポプラか、タンポポかと思っていたんですが、自覚したのは今年が初めてです。

Dsc_5059_convert_20180604064826

平和には柳がたくさん生えています。

この週末は暑くて、また30度近くいきました。

この日よりを待ちかまえていて、「それ、いまだ」とばかりに綿毛を飛ばしたんでしょう。

鶏さんの部屋は打ち水をして、水漬けを食べさせてます。

殻が割れるのが少し多くなりました。

Imgp3654

暑すぎるのも困ります。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

お天気

  • tenki