« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の記事

2018年1月26日 (金)

デザートにカボチャシャーベットは如何

Imgp1172

秋に確保したカボチャ。しっかり凍ってしまいました。

Imgp1173

前は、鍋で煮てやってましたが、ダイズに加えジャガイモを煮るようになって、カボチャを更に煮る時間がとれずにいました。

緑餌、とくにビタミン源の緑黄色野菜をやらないと玉子を産めなくなります。

そこで凍った状態で与えてみます。

Imgp1174

皮が硬いので、ナタで割ってやると黄色が食欲をそそるらしく、おそるおそるつつくのも出てきます。

Imgp1176

凍ってないときよりはずっと反応うすいですが、それでもまあよしとします。

まあ私でもこんな寒空にシャーベットは気が進みません。北海道民はストーブをがんがん焚いた室内で真冬にアイスクリームを食べるという伝説が有名ですがうちは例外ですね。

たくさん食べておなかを壊しても困るので、デザート程度にちょこっとつまんでね。

Imgp1183

とびついてきませんね。

Imgp1178

できるだけ日なたに配置してやります。

Imgp1185

ほうれん草がなくなる12~2月の3ヶ月はなんとかこれでしのぎましょうか。

この時期だけでもカボチャの漬物があるといいなあと思います。

来秋の課題ですね。(たぶん忘れてると思います)

Imgp1182

ところで君はどうして昼間からのぼってるの。

2018年1月25日 (木)

はやくないかい?

Imgp1168

トサカも小さく体躯もほっそりで、まだまだ先とあきらめていたのですが、

Imgp1152

Imgp11522

二個見つけました。昨日から産んでたんですね。

Imgp1155

さっそく産卵箱を。

Imgp1158

ワタシが産んだのよと報告に来ます。

Imgp1159

もう二週間くらいかかるかと予想していましたが。

読みが甘いのか、もみじ種はこうなのか。

前回ボリス種だったので感覚が違ったのかもしれません。

ボリスはずいぶんドッシリしてから産む印象があります。

もみじの秋ビナで初卵日の過去データを見てみますと、

  • H26 9/2生まれ  お露     151日
  • H25 8/27生まれ タイガース 152日
  • H29 8/21生まれ 空子     157日(今回)

まあこんなものですね。

ちなみにボリス。

  • H28 8/18 ボリ子 138日
  • H29 6/29 ユニ子 144日

むしろ早熟なのかもしれません。

対してもみじは晩熟に育てても、体躯が大きくならない。それだけ品種改良効率化が進んでいるということでしょうか。餌を食う量が減るのは効率化の成果ですが、産卵数が減らない以上は身を削って産むことになります。いや飼い方で何とかするんでしょうが、キビシイなあと感じる昨今です。

無理せず飼いたいし、無理せず産んでほしいものです。

Imgp1160

90羽を二部屋に分けたり密度を坪5.5に薄くしたりいろいろやっていますが、鶴女房にはなりませんように。与ひょうにはなりたくありません。

Imgp1137

ひらめ。お父さんと同じく玉子拾いにお供できるようになりました。振り返り振り返り前を歩きます。

2018年1月24日 (水)

転がり式いけそうです

前? http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-ae3a.html

 試験群を「ちとせ」から「ボリ子B」にかえてやってます。

Imgp1117

今度は、そばがら式を撤去して転がり式一本にしてもいやがらず産んでくれます。

Imgp1118

仮設ですのでまあよしと。

Imgp1119

麻袋をよけるとこんな感じに。

平飼い養鶏では玉子をいかに綺麗に産ませるかが勝負でありまして、産卵箱の工夫がその一番だったりします。

これでどれほど作業時間が短縮されることか、わかっていることなんですが、なかなか着手できずkinnに叱られてばかり居ます。今春には全群導入を目指します。まずは算数の宿題を終わらせないと。

大寒びより

大いに寒いこの頃です。感覚的には、三月初めの頃が一番寒いような気がします。

朝一番の仕事が辛くなる時期ですが、日が昇るのは荘厳です。

Imgp1081

交響曲の最終楽章を全力で鳴らしているような。

Imgp1085

日が昇ると巻き上げを上げてやります。

Imgp1089

 平成27年冬ビナ「P子」&平成28年夏ビナ「さつき」連合群

冷気が入って室温が下がるかもしれませんが、日光に直射される心地よさは人も鶏も同じでしょう。

日が傾いたら早々に巻き上げを降ろします。

Imgp1120

 平成28年冬ビナ「トメ子」

年末にV字回復と喜んでおったのですが、平成28年冬ビナがめっきり産まなくなりまた減少中。

まだ産んで半年ちょいなのですが、どういう飼い方をしてきたかの通知表を渡されているようなもので、……。

イモを毎日炊いたりショウガを刻んで食わせたりお湯を汲んで呑ませたりいろいろやっても後の祭りであります。

計画の練り直し中です。

Imgp1126

平成29年春ビナ「ちとせ」

Imgp1124

同夏ビナ「ユニ子」

Imgp1110

平成22年春犬「ヨッシー」

Imgp1116

平成26年春犬「ひらめ」 

※父 http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-233f.html 

※ うちに来た事情 http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-e19d.html

Imgp1129

夏雲みたいな雲が出てました。

2018年1月12日 (金)

今年も

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180111_8.html

2018年1月 2日 (火)

ヒグマ

犬たちの異様な吠え声に緊張が走ります。

https://youtu.be/03fiB30qvcU

※ 人間でした、たぶん

2018年1月 1日 (月)

元旦

Dsc_4231

ひがのぼると描いて旦。

ここで一句

はつはるや としあらたまり こしあらたまらず

気遣いながら初仕事してきました。

Dsc_4246

先輩諸兄だれしも通っていった五十路をわたしも味わい深くあるいていきたいと思います。

平成参拾年戊戌

Dsc_4237

さあこれから朝風呂

F1

毎朝のこれをやつらはたのしみにしております。

https://youtu.be/fwKyE9ewcaE

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

お天気

  • tenki