« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の記事

2016年6月30日 (木)

はこだて

さあ楽しく怖い 《はこだて》 の始まりです。

Imgp6319

これまでは一人で作業していたのですが、

今年はZOFFYがM78星雲から飛んでこないので、地球の助っ人にご登場を願いました。

ZOFFY様お元気でしょうか。

Imgp6320

まず柱を立てます。斜めのブレス(筋交い)で仮留めしていきます。

Imgp6324

中の泡が二本の縦線の中に入れば垂直です。

一人が水準器を見ながら柱を微妙に動かして、

垂直になったらその合図でもう一人がブレスをビス留めします。

Imgp6321

念のためカスガイをたくさん打ち込んでおきます。

台風等の天災で万が一、上に引っ張られたときに踏ん張ってくれます。

それにしてもこの写真。

大事をとって一ミリ深めにほぞを欠いたら隙間あきまくりでみっともないですね。

Imgp6325

6本立てました。

Imgp6326_2

今日は珍しく二人で作業しているのでワタシモワタシモと何故かはしゃいでいるヨッシー君

このとき午前11時、28度の夏日確定でしたが彼女の下半身上半身はまだ冬毛が抜けず

かゆそうでときどき仰向けに転がっております ボレロ状態です

Imgp6327

さあて本日のメインイベント 怖い怖い梁を載っけます。

これも一人では出来ない。

Imgp6332

脚立に登ればそこはもう天。

柱は2.65メートル。登ると異様に高く感じます。

トリさんの中にはこの高さまで登って毎晩眠る子がいます。そして毎朝エサが来るまでぐずぐずしようやく意を決して降りて(落ちて)きます。その気持ちが今少し分かります。

Imgp6333

よいしょ がんばれ

脚立は四足ちゃんとグラグラしないところに立てたから大丈夫だと思いますが

Imgp6335

どっこらしょ

なんだか申し訳ないですね

当園がいかにburakkuなのかわかってしまいます

Imgp6336

もう少し 柱にはつかまらないでね今は支えになってないよ

Imgp6338

なんとか向こう側は載っけました

次はワタシのほうを載っけていきます。

Imgp6339

そんなこんなで梁完成

Imgp6342

大変有り難う御座いました又宜しくお願い致します

Imgp6343

これで「はこ」になってきたでしょう?

ちなみに柱梁軒の組み合わせ方は4年前建てた奥のk鶏舎と同じです。

増築で手前にのばします。

4×4間=16坪あったのが、これで2×4=プラス8坪。

鶏さんの数で言うと今奥に110羽入っているんですが、プラス50羽は軽いですね。

卵さんの数で言うと30個くらいでしょうか。(理想は50個)

当初いろいろ構想した結果、緑餌の畑を潰して鶏舎を新たに建てるよりは、

作業スペースを少し狭くしてでも、今ある鶏舎を増築する方が土地の有効活用、さらに作業動線の短縮という点でベターという判断で進めています。

Imgp6344

国道から見るとこんな感じ

「タマゴやさんまた新しいの建ててるのかい頑張るねえ」あとで言われますね

結構地域の人にフォローされてるんです

Imgp6352

kinnに見通してもらってブレスを入れて固定して今日の作業は終了です。

2016年6月29日 (水)

土台完成

週末は雨だったので作業が進まず。

気温10度で夏至の後にストーブ焚いたの初めてかもしれません。

Imgp6286

失意の設計ミスから気を取り直して改めて図面を引くとやはり13センチ足りないことがわかりました。

朝からエサやり、卵ふきをやって、真昼は暑すぎるので家の中で休んで、午後3時から作業開始です。ちょっとヌカカが寄ってきますが気にしません。

Imgp6281Imgp6282

今度はビシッとはまりました。

Imgp6287

ぜんぶ束石に載りました。

何とか逃げ切ったという感じです。

Imgp6291

これで役目終了の遣り方を外しビスも抜いていきます。

これをちゃんとやっとかないと、エライ目に遭うんですね。

片付けは大事。

Imgp6292

木材どうしをカスガイで接合し束石をコーチスクリューで留めます。

固定しないでそのまま載っけてしまうと、強風で小屋が持ち上げられ倒壊する可能性があります。夏場は幕で囲ってないので尚更です。まあ、それでも程度問題ですけれどね。自然には敵いません。

Imgp6294

あら。そんなことを言ってるそばからこれです。割れちゃいました。

コーチスクリューが太すぎたのと、木が薄すぎたのと。

まあしょうがありません。

Imgp6296

このままだと留めても利きませんねえ。まあ設計通りなんですが。

Imgp6297

そういうときは束石をよいしょと傾けましょう。

Imgp6299

最後に、掘った穴に土を戻して石を固定します。

手掘りなので楽々です。重機を使ったらこうは行きません。

雨が降ったらだんだんに締まっていくでしょう。雨降って地固まるわけです。

Imgp63002

それにしても・・・

Imgp63022

うーむ。

さすが素人の施工でしょう?

わらってやってください。

Imgp6028

明日からいよいよハコを建てます。10日遅れ。

2016年6月24日 (金)

山あり谷ありの

Imgp6264

23日刻み開始です。ノミもちょっと使えるようになって楽しいですね。

丸ノコは前は安いのを我慢して使ってましたがレールが割れたり重かったりコードが短かったり色々不便でした。こんなものだと思ってましたがだんだん分かってきまして、一昨年思い立ちましてプロ仕様の牧田さんを4倍くらいの値段でちゃんとしたお店で買いました。やっぱり仕事が早くて快適です。ブレーキまでついてるんですよ。安全安心って感じです。

弘法筆を選ぶんですね。いや、弘法じゃないから選ぶのかな? 経費アップ分の仕事はしてくれてます。一昨年は重機導入、新兵器調達と経費がかかりました。鶏舎建てがよほど辛かったんだろうなあと自分で思います。

Imgp6255

ほぞを切った土台を、束石に載せていきます。

Imgp6256

よし

Imgp6257

ピタッとはまっていく快感。

Imgp6258

おや?

Imgp6261

水糸どおりに置いたのですが、

Imgp6259

水糸の張り方が間違ってました。木の方が正しいので。ビスの打ち方を後で分かるようにしておかないとまた張り間違えるのでつぎは注意しないといけません(つぎっていつでしょうね)。

Imgp6263

気を取り直して石を置き直し。

Imgp6265

2日前夏至だったので日長で作業が進みます。今日中に土台完成まで行きたい。

Imgp6267

なのに、あれ??

Imgp6268

みじかいですね

Imgp6269

13センチ短い。

Imgp6270

こっちも13センチ短い。

こりゃ設計ミスですね。まあしょうがないので明日また考えようっと。

Imgp6266

今日はここまで。4時間の作業でした。

2016年6月23日 (木)

最後に大当たり

ラスボスです

Imgp6244_2

おととし埋めた暗渠がバッチリ束石予定位置にありました。

26年http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-4881.html

Imgp6245_2

しょうがないので暗渠をよけて置きます。

Imgp6248_4

北に4センチずれてしまいましたが致し方ありませんね。

Imgp6249_2

まあこれで辛い仕事がおわりました。

Imgp6253_2

やれやれです。

2016年6月21日 (火)

束石入れ3

本日健康診断に行ってきてバリウムが気持ち悪いのですが束石入れてます。

Imgp6235

12本あったのがあと3本まで来ました

今年買った束石は、土台との接合用鉄板もついていて便利なものです。

途中雨が降って水がたまり土をいじれなかったのですがこのところ好天なので作業を進めています。

Imgp6211

A鶏舎の6本はすでに終了。

Imgp6212

横のがちょっとうるさいです

Imgp6216

K鶏舎ももうすぐ。

Imgp6217

石を入れるときだけ水糸を張り直します。

Imgp6218

水糸の高さが鶏舎の水準になります。

糸の交点が石の角になります。

Imgp6219

ざくざく行きます

Imgp6220

大きな石がごろごろ出てきますねえ

たびたび石に当たって掘り進めませんががんばります

水糸にこすって切ってしまわないように気をつけます

Imgp6221

表土の下に白い火山灰が見えてきました

鶏舎を毎年建てているとだんだんこの束石入れの作業がイヤになって、

(3年前)

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-f036.html

一昨年はちまよって重機をレンタルしましたが、シャベルがおっきすぎて地面のでこぼこがはげしくなってしまいました。

(2年前)

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-f67b.html

後日人力で埋め戻すのがかえって辛かった記憶があります。

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-9eee.html

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-711e.html

まあ去年は建てる気力もなかったわけですが。

ぼちぼち人力でやるのが一番。

腰痛も今年はあるのですが、膝をついてやると腰に負担かけなくていいことに気づいたのが七年目最後の鶏舎建設とは(涙)

Imgp6222

さらにその下に灰色の粘土層

Imgp6223

まあいいところでしょうか

Imgp6227

真上から見た図

Imgp6226

ここで束石君をつかいます

束石と同じ高さ、底面で作ってます

軽いので寸法を見るのにいいんです

Imgp6225

深さは十分ですね

ではもうちょっと穴を広げて、

Imgp6229

底面の広さも確保しました

Imgp6230

この幅を覚えておいてくださいね

Imgp6232

本体を入れます 同じ高さでしょう

ちなみに鉄板にロープをゆわえておくと、ちょっと持ち上げたいときラクです。

前は、ぐるっと石をロープで縛ってた覚えがありますが、ずいぶん大変でした。なにしろ1本30キロを超えます。

だから鉄板付きは便利なんですよね。ホームセンターで買って当園まで運んでもらってます。

Imgp6231

真上から見た図 石の角っこに交点が来てますねOKです

Imgp6233

脇から砂を少し詰めて高さを上げます

Imgp6234

1ミリくらいちょっと石が高いですがまあよしとします

ここまで15分の作業です

昔は1本30分か1時間かかってた気がしますが、作業姿勢の改善と束石君の導入が大きいんでしょうかね

Imgp6028

明日完成として23日から刻みに取りかかります

遅れは10日 予備をあてにしないようにしないと

※ ちなみに、過去の束石入れの記録です

1年目

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/now-laying-ston.html

2年目(A鶏舎)

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9403.html

3年目(K鶏舎)

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-fd4b.html

4年目

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-f036.html

5年目

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-9ca9.html

6年目

(お休み)

7年目が今年です。

2016年6月14日 (火)

水糸

今日はK鶏舎をやっつけます。

Imgp6204

赤いのが既存の水準。

青いのが増設の基準。

35センチ下げます。ちゃんと書いとかないとね、最後につなぐので。

Imgp6201

基準線に水糸を張ります。

Imgp6206

これは長年使ってる三角定規です。

Imgp6205

先日なんとなくメジャーで縄張りをしてみましたが、正確に行くにはちゃんと直角定規を当てんとイカンのです。

Imgp6209

この水糸を目安に束石を埋めていきます。着脱式なのでふだんは外しておきます。

せっかくの作品を引っかけてしまう人間や犬がいますからね。

Imgp6203

めんどくさい仕事が終わりました。あとは力だすのみです!

一日二本のノルマで埋めてきます!

雨あめ降れふれなんて、思ってませんよ。

Imgp6028_2

6月5日完了の予定が6月14日になってしまい9日遅れです。

急げヤマト!

おまけ。

Imgp6182

新規就農の年に友人からもらったほだ木からまだキノコが生えてきます。

Imgp6183

6年前ですが、ふしぎなきもちですね。

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/mushroom-377b.html

遣り方

Imgp6186

腰が痛いのと雨が降るせいにしてチビチビと進めています。

Imgp6190

毎日踏み固めた地盤は結構かたい。

それにこのあたりは昔暗渠を埋めたような気もしますが今は考えても詮無いので深く考えないでおきましょう。

Imgp6197

既存鶏舎から90センチ離して建てます。

Imgp6113

いちおう素人なりにちゃんと考えてるんですよ。

Imgp6199

地面が低いのですが土を盛らず基準線は鶏舎Aより9センチ下がる予定です。

Imgp6028

工期が一週間遅れてます。盆明けにはヒヨコが来てしまいますので路頭に迷わせないためには急がねばなりません。急げヤマト!

遭遇

Imgp6180

青草が欲しい欲しいとねだる鶏のために頑張ります。

Imgp6174

なぜか草が生えてない場所がある。

Imgp6175

ベニヤが落ちてたんですね。草が生えなくてもったいないのでよけときましょう

Imgp6176Imgp61762

ぎゃああ、声が出てしまいます。

Imgp6178

不満げにスルスルと去っていきました。

いいねぐらだったのにごめんなさいね。

で、何ヘビだったんかなあ。

シマヘビ、アオダイショウ、マムシ??

先日動物園で見分け方の看板を読んだんですが既に忘却。

ウルトラ警備隊特別隊員に委嘱させていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

2016年6月10日 (金)

縄張り

まるめろが咲いてます。奥のはリラ。

Imgp6049

とりあえず縄張り完了、火曜日の仕事。

Imgp6124

目に付くところに搬入して自分にプレッシャーかけてるつもりです。

Imgp6094

今回施工場所は彼の近くなので遊ぼうよとうるさいです。

Imgp6042

この夏出来ればあと100個卵を増やせます。

2016年6月 8日 (水)

旭山動物園へ

スモークチキンをつくりに剣淵町に行くついでにひさしぶりに旭川を観光してきました。前回は中学校の引率で来たような、ずいぶん時が経ったような気がします。盛り上がってきてパスポートを買いたかったのですが、kinnにやめておけと言われ断念。

Dsc_1940

イチ押しのおおねずみ:カピバラさん。

Dsc_1985

うちでもひらめが吠えてクロが追っ払ったタヌキです。

Dsc_1991

キタキツネ。こわいこわい。

Dsc_19912

ん?

Dsc_19913

食べてるんですか。

Dsc_2001

食べてますね。

Dsc_2007

お食事後のフクロウさんも満足げです。

このヒヨコはたぶんオスではないかと思います。

採卵のために孵化される卵の半分はメスですが、半分はオスです。メスは卵を産むために養鶏場に連れて行かれますが、オスはどうなるかです。

本来ヒヨコのオスは採卵養鶏の世界では活用されません、産まないんですから。

せいぜいお祭りのヒヨコ売りとか(今どれぐらいあるんでしょう)、動物園のように生き餌用とか、……他にもいろいろ聞きますがこれ以上は書きません。

当園ではメスと一緒にオスも少しだけ連れてきてもらいます。オスの仲間内でいったいどのぐらいの競争率を勝ち抜いてうちに来たのかと想像すると、「お前も、よう来たなあ」と声をかけてしまいます。

Dsc_1907

(5月に来たひよこのオスです。今回はメス100羽にオス3羽です)

エサにひよこ。残酷かもしれません。ですが、フクロウは本来野生でこうして小動物を狩って暮らしているはずで、その自然の生態を出来るだけ保障してやる飼い方を旭山動物園はしているのだと思います。獲物を捕らえる瞬間にフクロウは人工のカゴの中でかすかに野性を感じることが出来るのでしょう。

まあ、足、食べ残すなと思いますけれどね。

養鶏と動物園は違いますが、なんだか分かるような気がします。

2016年6月 7日 (火)

ゲタゲット

先日のこと。

不用意に廃材置き場にサンダル履きで踏み込んだところネジを踏み抜きました、生傷の絶えない平成28年です。

以前何かを解体した廃材なんですが、ドウブチにコーチスクリューを貫通したのをよけておいたのです。まあ、廃材ということでいずれネジをはずしまとめるつもりで固めて置いておいたのですが、後になって牙を剥きました。後悔先に立たず、です。

だんだん腫れてきて、自分の自然治癒力を信じて放っておいていいものかどうか迷います。

「釘を踏み抜く」とネット検索したら破傷風がなんたらかんたら、死亡率がどうのこうの。……やはり、行くべきと判断しました。

午後4時を過ぎていたのですが、電話帳で外科病院を調べて電話でこれから行っても大丈夫と確認をとってから出発。網走市まで20分かかるのです。こういうときに田舎暮らしはつらいですね。

病院では腫れたところを容赦なくぎゅーっと膿を出されて、声が出てしまいます。

「ねんのために抗生物質いれておきますね」

いや。

ちょっと待ってください。

しばらく押し問答しました。

「あのう、なんとか、抗生物質、いれないで治療できないもんでしょうかね」

「抗生物質使わないなんてあり得ません、破傷風の危険があります」

「はあ…」

「どうしてもっていうのならどうなっても責任取れませんよ、…そのかわり誓約書かなんか書いてもらわないと」

「……」

「……」

「わかりました抗生物質使ってください」

点滴しました。いろいろ思いを巡らせた15分間。

Imgp6008

当園はニワトリに抗生物質を入れてない飼い方をしているんです。ニワトリも、人間も、抗生物質のないくらしをしたいのです。抗生物質は確かにバイ菌は殺すのですが、そのぶんわたしのからだに住み着いて共生してくれている皮膚常在菌と腸内細菌叢をころしてしまうことにもなります。確かに家畜と人間は違います。でも、、。

その日の後も何度か通院。点滴を数回。最後に「まだ腫れてますね」だめ押しで強いの。

……1週間下痢しました。わかってました。あちこちかゆいですがまあなんとか。

そのかわり、すっかり腫れはひいて完治。

そういえば。

記憶の中で「抗生物質」という物をはじめて聞いたテレビ番組があります。

NHK大河ドラマ「山河燃ゆ」。

わたしは中学生でしたか。たしか戦後の動乱期の頃に西田敏行扮する天羽忠が結核で伏せる島田陽子に特効薬だと「ストマイ」を持ってきたのを覚えています。結果どうなったか覚えてませんが、哀しい物語でしたので、レンタルで見つけたら確かめたいと思います。

要するに、抗生物質で助かる命は間違いなくあるんですよね。

でも、薬を使わないでなんとか自然のままに飼いたいというのが創業からの当園のポリシーでもあります。

本来ニワトリは病気には強い動物です。なんと今回危険があった破傷風、ニワトリは耐性を持っているそうです。

鳥類は強い抵抗性を持つ」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E5%82%B7%E9%A2%A8

そういう実感はありました。昔、ニワトリが逃げ出して犬に噛まれて首に大けがをしたことがあって、泡を食って家畜保健衛生所に電話したら「経済動物なんですから」となだめられたことを思い出しますが、結局ヨーチンを塗っただけで無事回復して生命力の強さを、当時大震災のこともあってなおさらにそれを感じたんです。http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-6e51.html

結論です。

ニワトリは大丈夫。ダメだったらごめんなさい。

さて。

暑い日の長靴が嫌いでサンダルを履いていたのですが、これはまずいなと下駄を購入した次第です。

Dsc_1818_3

ああじぶんは日本人だなあとしみじみします。

和服きてニワトリ世話したいんですけどね。

2016年6月 2日 (木)

あがってさがって

Imgp6027

冷えてます。

6月でストーブつけてます。

Imgp6026

オホーツクは暑いか寒いか両極端ですね。

「この前これぐらいだったからこれぐらいにしとこう」というような遠慮というか配慮が全然なく容赦なく暑くなって容赦なく寒くなります。

吹雪もそうですが、こっちの気候はこんなんでしたっけと最近よく思います。

で、雨が降って風もあります。

Imgp6021

でもトリさんにはこれぐらいが過ごしやすいような気がします。

Imgp6015

暑いと食べないし、

Imgp6016

水をがぶがぶ飲んでミネラルバランス壊れていそうだし、

Imgp6017

目に見えて殻が悪くなります。

犬とおんなじで、汗をかけないために呼吸が激しくなり、

息が激しくなると血中炭酸ガスが抜けていって

炭酸カルシウム つまり 卵殻

の形成が阻害されるということらしいんです。

涼しいと玉子の鮮度も落ちにくいのであまり気を遣わなくてすみます。

まあ人間も暑いと仕事をしたくなくなりますしね。

Imgp6019

雨が降ってなくてこの程度がいいように思います。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

お天気

  • tenki