« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015年1月31日 (土)

お露初卵

Imgp1101

1月29日、去年9月産まれ「お露」初卵です。

Imgp1093Imgp1094

ちゃんと巣箱に四つも!

重さは、遅かっただけあって50グラム前後です。

Imgp1093_2

いよいよ春の産卵ラッシュ開始ですね。

2015年1月26日 (月)

ひさしの短さが雪かきのつらさ

まいど雪かきブログです。

1月23日の吹雪で、北見が前日配達、常呂が翌日となってしまいました。

もう吹雪はたくさんですね。あと一回くらいにしてほしい。

Imgp1042Imgp1044

これまで5年間毎年鶏舎を自分で設計し建ててきたわけですが、今にして思えば、ひさし(軒)の張り出しの長さが雪かきの重要ポイントだったりします。

Imgp1039Imgp1068

3号鶏舎(廃屋の移築):ひさし短い-雪多い

Imgp1041Imgp1067

5号鶏舎(新設計):ひさし長い-雪少ない

Imgp1043Imgp1065

6号鶏舎(改良型):ひさし短い-雪多い

Imgp1045Imgp1062_2

7号鶏舎(最終型);ひさし長い-雪少ない

なぜ長さが違うかというと、短いと日当たりがよいと思ったからです。

昔はこんなこと考えてました。

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-5978.html

2年前春には軒の短さが日当たりの良さ、ひいては土間の乾燥を左右していると思ってましたが、今思えば新しい火山灰なので土間が硬かっただっただけです。

あとあとになってやっと雪かきの苦労が分かってきたときにはもう遅く。

例外もありますけどね。

Imgp1053

2号鶏舎(自作初):ひさし長い-雪多い(この鶏舎だけ南北方向に建設したため西風の影響)

Imgp1040

まあつまりですね、過去の自分をのろいながら毎回雪かきをしているわけです。

2015年1月23日 (金)

ショラン予報

9月に来た大ビナ「お露」 あの頃は朝露に秋の訪れを感じてたんですが

Imgp0951

捕まえてみるとまだまだ軽いのですが見かけはすっかりオトナ

Imgp0954Imgp0957

トサカの色づき具合で予想してみましょうか。

Imgp0960

右端の子、ずいぶん赤いですね。

Imgp0964Imgp0963

今週末くらいに初卵でしょうか。

2015年1月22日 (木)

新鮮な空気

Imgp0928

先週1月17日(土)は不意打ちの吹雪でした。

Imgp0939Imgp0965

21日(水)、やっと余裕が出来たので雪かき開放です。

Imgp0945Imgp0966

天気がいいと頑張れますね。

Imgp0950Imgp0967

南側を巻き上げるよう作ってますが、最終型は北側も巻き上げられて風が抜ける構造です。

Imgp0968

鶏にとってはより良いと思います。よく夕方下ろし忘れるんですが。

Imgp0971

氷点下の気温でも日が照ると随分ホカホカします。これぞ天の恵みかな。

Imgp0973Imgp0974_2

ヒヨコ舎もがんばりましょう。

Imgp0977Imgp0976

西側からみるとこんな感じで鶏舎が並びます。

Imgp0909

コレデヨシ!

巣立ち後

Imgp0918Imgp0925

あんまりいい写真が撮れなかったんですが冬子です。

これでまる二ヶ月齢。

Imgp0915

外に出すとモリモリ食べてぐんぐん大きくなっていきますね。

朝ピーピーうるさいのは、harahetta-と鳴いてるんだと思います。

3月13日次のヒヨコが来ることが決まりました。

その前にこの子達は次の鶏舎に引っ越しです。

2015年1月14日 (水)

巣立ち?

Imgp0885Imgp0886

2ヶ月近く経って、もう限界です。

Imgp0887Imgp0888

狭そうです。羽が生えそろったので、もう保温は必要なくなりました。のれんは既に外し電球も蛍光電球に換えています。

Imgp0893Imgp0896

いよいよ巣立ちです。

Imgp0900_2Imgp0898

まだおっかなびっくりですね。

2015年1月13日 (火)

根菜バンザイ

Imgp0852

前の日にカボチャやイモを煮て、エサに混ぜると朝の寒気にも負けず発酵が続きます。

冬場は野草をやれないので、根菜は重宝します。カボチャは東藻琴から、イモは津別からハネ品をいただいています。感謝です。

Imgp0856Imgp0860

湯気が立ってます。少し酸っぱいようないい匂いがします。

Imgp0878

これを目がけて毎朝、鶏はエサ箱にダッシュしてきます。たぶんそれを楽しみに生きてるんじゃないかと思うくらいです。

Imgp0851

カボチャは、お腹をこわさない程度に少しずつ、お昼のおやつにもやります。

Imgp0868

好き嫌いはあるようで、一部の子は熱心につつきますが、「冷たいからイヤ」とスルーする子もいます。

それが黄身の色に反映します。カボチャ好きな子の玉子は黄色が濃いめ。そうじゃない子は薄め。それが自然なんですね。

2015年1月12日 (月)

お露もうすぐ

9月始めに来た秋ビナの「お露」。

Imgp0831

もう4ヶ月を超えましたので、いよいよ初卵間近です。昔は5ヶ月で初卵でしたが、さいきんは4ヶ月でもう産み出します。でも、6ヶ月まで待たないと、売り物になるまで玉子が大きくならないんですけどね。

Imgp0837

トサカに注目してください。

Imgp0838

これは産卵絶好調の「小春」ですが、トサカがずいぶん大きいですよね。血色も良いような気がします。トサカが大きくなってオトナです。

トサカを見てると、まだもう少しかなと思います。

Imgp0853

いちおうパイロット巣箱を置いておきましょう。毎朝ドキドキです。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

お天気

  • tenki