フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014年10月17日 (金)

モウフ革命

P1120692P1120693

お得意先から古毛布を大量にいただきました! 60枚はあるでしょうか。

P1080841P1120701P1120702

撹拌機の保温効率大幅アップです! 厳冬期の発酵に貢献してくれることでしょう。

P1120705P1120708

毎朝炊いてる煮豆も、鍋ごと毛布でぐるぐる巻きにして一晩おけばグンニャリ軟らかくなります! 消化の良い豆を食べさせてやれます。

P1120711

配達の荷台にもたっぷり敷いて万が一の割れを防ぎます!

……自家用にもだいぶ確保してます。

リサイクル(リユース)は経費節減にいい!地球に優しい!と思って就農初期の頃は意欲的でしたが実際は中々うまく活用できませんでした。

うまく使えなかったり、むりやり使っても我慢して使うことになったりして、却ってストレスがたまることもあり、結局はゴミをもらってきてしまうことも多く。

「エコって難しいなあ」とそれから億劫になってしまっていましたが、今回のは理想的な再利用でした。

2014年10月15日 (水)

ブラック初卵

P1120669

10月13日ホシノブラックワン、初卵です。

P1120670

6月3日生まれ、4ヶ月と10日。

早いかなという気がしますが、このところヒヨコの段階で魚粉を多めに食べさせているので早熟になるのはゴトウもみじと同じで鶏種は関係ないようです。

P1120683

この子が初卵を産んだ初子です。

P1120673

羽はブラックですがタマゴは黒じゃなかったです。ホッとしましたね。

初卵から三日経ちましたが毎日一つずつの産卵で、産卵しているのは同じ1羽だけのようです。まだしばらくかかりそうです。

ブラックは120羽います。

現在日産300個で泣きたくなるような産卵低下なのですが、11月には目標生産数400個に達してほしいものです。

P1120672

がんばってね!

2014年10月 9日 (木)

合格発表

P1120625

加工場つくってます!仮称「メレンゲ工房」

P1120613

中古の「スーパーハウス」をユニックで運んできたんです。

P1120525

基礎工事は経費節減のため自分でやりました。kinnには随分心配されましたがこっちも鶏舎6棟を建ててきたんですからなんとかなるでしょうと。

でも実は前の晩は眠れず…。

P1120594P1120595

というのは、工法は鶏舎と同じで、使うのも同じ束石、ただ、鶏舎建設と違う点があります。

鶏舎なら、束石の上に土台の角材を置いてからでも、高さや位置がずれていたらあとからいくらでも微調整ができます。

が、ハウスは一度置いてしまうと調整できず一発勝負ということです。底も平らにしておかなければいけません。

鶏舎がゆがんでいても水平でなくてもニワトリは文句は言いませんが、ハウスはそうは行きませんよね。

これまでのやり方が、鶏舎以外でも通用するのか…。ハウス搬入の午後一時を緊張しながら待ちました。

P1120608

来ました。

P1120616

じわじわ下ろしていきます。

P1120617P1120619

自分の測量に自信が持てないので、束石8本のうち四つ角は掘った穴に置いただけで埋め戻さずにおきました。それが良かったようで、やはり少しだけ位置がずれていて、微調整の上、無事8本の束石の上に載りました!

P1120622P1120623

南北方向、東西方向の傾きも無し!

100点満点!とは行かないまでも、十分合格点だったということで、うれしかったですね。

P1120635P1120628

でも置いてみてわかることもあり、もう少し火山灰を入れて整地して基準面を上げてからの方が良かったかなとか、後ろの区画が活用できてないのでもう少し後ろの方が良かったかなとか、いろいろ考えたりもしますがそれは後の祭りで。まあこれでこの先10年使えればよしとしましょう!

ということで、杉村農園あばしりピースたまご、第二期五カ年計画スタートです!

願いをこめて

P1120580

まあ、まだ4ヶ月ちょうどですからね。ムリかな…

P1120574

体重はすでに産卵中の茶色鶏「もみじ」と同じくらいになっています。

2014年10月 4日 (土)

スペシャルメニュー

P1120381

ただいま産卵絶好調の小春さん。

P1120394

小さめですが赤くてきれいな殻のたまごを朝一番に産んでくれます。

P1120385

でもたいへん偏食です。小麦を残します。というより、小麦でないものを強烈に欲しています。

P1120379

大豆です。エサやりの時に真っ先についばんでいます。

P1120340

ア~オナカイッパイ 食後の砂浴び。

P1120477P1120476

小春だけには大豆を多めに入れてやります。

産卵初期は必要栄養素が劇的に変わります。

P1120382

毎日たまごを産むということは、たまごを構成する栄養素を毎日必要とするということです。

それがタンパク質。

年取ってくればバランスもとれてくるのでしょうが、最初のうちはつらいのだろうなあと思います。小麦にもタンパクは割合含まれているのですが、皮に覆われ硬い小麦は消化しづらいようで、産卵初期にはよく残します。粉砕して食べやすくしたいと思っていますが設備がまだ整っていません。

この産卵初期のタンパク不足を解決できないとストレスをため込んでしまいます。仲間の毛をむしったり、弱いものいじめをしたり、ひどいときにはつついて殺すこともあります。沢山飼えば飼うほどその傾向が強いようです。今までの鶏には苦労をかけました。

幸い清里の大豆がいまのところ手に入るので、よく煮込んでやればタンパク源として胃腸に負担をかけずいいようです。

P1120069

ということで大豆は毎日やわらか~く煮込んでいます。

P1120411

2014年10月 2日 (木)

引っ越し

P1120424P1120427

夏子鶏舎

P1120431P1120432

ホケ子鶏舎

昨夜大移動です。

P1120435P1120438

この夏新築した鶏舎に移そうと最初考えていたのですが、

P1120355

まだ初卵までひと月あるというのにもう成鶏並にデカイのでより広い方がいいかと思い変更です。

P1120442

新築の12坪よりお古でも14坪の方が広々するでしょう。ブラックは130羽います。

P1120455P1120456

お古にもと居たお萩が玉突きで新築鶏舎へ引っ越し。

P1120467

引っ越しは夜のうちに済ませました。翌朝から通常業務でご苦労様です。

P1120506

これで新築鶏舎もフル稼働です。

……それにしてもブラック130羽×1.5キロ+お萩120羽×2キロは重かった…。しばらく静養です。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

お天気

  • tenki