フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

2013年11月29日 (金)

今年ばかりの秋ゆかんとす

P1060744P1060745
P1060747

秋子 平成22年9月生まれ

春子 平成23年5月生まれ

盆子 平成23年8月生まれ

栗子 平成23年9月生まれ

今日はいい天気でした。

枕を高くして眠るために

Imgp2657

この妻面三角部分はこれまで米袋とかビニール袋で雪害を防いでいましたが無理でした。

所詮付け焼き刃なのですきま風で雪は入るし、破けるとたいへんでした。

かなしい被害になんども遭っています。

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/28-2129.html

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-a490.html

うちは吹雪くと西側から激しく吹き付け、ヘナチョコの囲いなど突破され雪が鶏舎に侵入してしまいます。ニワトリたちは、案外強いもので、その場では何ともなさそうな顔をして過ごしていますが、しかし深いところでダメージを受けてきたのではないかと思います。

P1040599

それもあって今年建てた鶏舎は三角部分を最初から板で囲ってあります。ずいぶん手間かかりましたけどね。

既存の鶏舎も、何とか根本的な解決をしなければとずっと思っていました。

P1060731P1060737

で今日やっと解決しました…と思います。

P1060736

強力繊維入りのビニール幕をスプリングで留めてあります。これならスキマがほぼ無くせますし、まず突破されません。

P1060712

こちらは東側。低気圧のルートによっては東側も気が抜けません。

今夜は、ヤマト艦長の沖田さんが冥王星基地をほろぼしたときの気持ちになっております。

2013年11月19日 (火)

りんご

P1060463

今年もりんごいただきました。

滅多に当たらないので食べ方をおしえてやらないといけないんですけどね。

2013年11月17日 (日)

遠征

買い物のため、常呂の配達のあと湧別まで足を伸ばしました。プラス往復120キロ2時間油代1200円也。

P1060416

海のようですがサロマ湖です。日本第三の湖。いけどもいけども湖は尽きませぬ。

P1060418

昔、北の方に住んでいたときはよく通った道なので調子に乗って抜け道を走ろうとしたら工事中、迂回したら、

P1060421

迷いました。

行き止まり。

もちろんナビ付いてないんです。それはそれで面白いんですけどね。

P1060419

鶴沼という場所だそうです。9月はアッケシ草=さんご草が見所のようです。でも午後3時でもう暗いので撮ってる人は心細くなってます。

P1060423

サイハテってこんなところでしょうか。高校生で自転車旅行していた頃なら喜んで野宿したでしょうね。(今はむりです。)

P1060428

ここはサロマ湖の東側の入り江のようでハクチョウがたくさん休んでいました。

P1060434

帰りはきれいな夕焼けでした。

ケーヒ使ってドライブするって楽しいですね。

なぜ泣く

ハンターのお客様からもみじ肉いただきました。昨日獲った生肉です。

P1060449

人間にはロースを。牡蠣と共に炭火焼きで。

P1060468

前肢は隊員達に。(イヌちゃんにともらいました)

P1060476P1060479

三日分ぐらいにはなるでしょうか。

P1060473

次代のエース、クロにはひときわ大きいのを。

マテを解除して「ホラ、食べなさい」と促すのですが、身に余る過分な褒美になぜか泣いてます。

http://youtu.be/9PeLuHDveqE

ヨッシー君、肉を土の中に隠した鼻が白いですよ。

P1060489

一方内気なトラもさすがにしっぽには喜びが隠せませんでした。

http://youtu.be/pcasiQsUp_c

※ ポーリじいさんは生肉は食べ付けないのでいつもの安いドッグフードで満足です。

P1060006

鹿肉って高級な牛ヒレを超えるのではないかというくらい旨いのです。

※ おいしそうな生肉の匂いが害獣を誘引せぬとも限らないので、夜間は食べ残しを安全な場所に隔離しています。

2013年11月16日 (土)

はくてう

P1060411

常呂への道中で。

P1060412

南への渡りの途中に翼を休ませています。成鳥が二羽。

ハクチョウは時々見かけますが、いつでも飛び立てるように見通しの良い畑に降り立っています。(ウチの鶏舎には降りてくるはずもありませんね)

P1060414

色が黒っぽいこちらは「みにくいアヒルの子」。じきに真っ白になるんです。

どうやら親子です。一家族で渡っているんでしょうか。なんだかいいですね。

ちなみに鶏は一夫多妻制です。まあこれはこれで。

2013年11月15日 (金)

ニンニク

P1060394

ラストチャンスで植えました。もういつ積もってもおかしくない時期になってきてます。

P1060387P1060389

女満別の山本農産の有機にんにく。

春にもらったアスパラガスの切れ端(根本部分)は、日が経って表面が干からびていても切ったら中は瑞々しくてすごいなあと思ったものです。

P1060391

このデカさは異常です(笑) 玄関の風除室に置いておいたらニンニクの香りが充満して大変なことになりました。それだけ生命力が溢れてるってことですね。

P1060393

冬越しさせて来年の夏にはニンニク倍増を図ります。

P1060395

ウチの鶏糞を載せて完成!

お酒に漬けてニンニク酒をつくります。すべてはトリさんの健康のため。いい投資だと思ってます。

2013年11月14日 (木)

衝撃の新事実!?

P1060316

ずっとメスだと思って可愛がっていたんですが、

P1060326

どうやら…

P1060342P1060341

オスには蹴爪があります。これで敵を攻撃します。わたしも太ももをやられました。かなりイタイです。

P1060329

でキミは、

P1060330

あれ?

P1060316_2

P1060320

オスでした~~!

これでオスの数が合いました。あるとき数えてみたら一羽オスが居なかったんですね。逃げたのかな~とかいろいろ考えてましたが。

「初生ビナ鑑別師」という資格があるのを昔何かで見て知りましたが、この品種もみじは、鑑別しなくてよいように品種改良の結果、メスは茶色、オスの色は白く生まれてくるよう仕組まれているのですが、こういうへそ曲がりもいるわけです。

P1060324

でもメスにもつつかれて逃げ回ってる始末でぜんぜんオスっぽくありません。草食系ってヤツでしょうかね。

この子とは長いつきあいになりそうです。

2013年11月13日 (水)

冬でも煮込める

これまで3回網走の冬を越えてきましたが、毎年やろうやろうと思ってできなかったのが冬の釜焚きです。

雪で釜が埋もれて、薪も用意できてなくて、結果ホカホカ・栄養たっぷりのエサを与えられてきたかというと憾みが遺ります。遺憾です。これじゃいかんです。

で、今年は薪を諦めてみます。

P1060294

プロパンのガスコンロで煮炊きしてみました。

P1060296

イモと大豆。

P1060364

完成! ヨッシーもこぼれ大豆をむしゃむしゃ食ってます。

これを昼のうちにエサに投入して、寒い夜もホカホカで発酵を維持しようという魂胆です。大豆タンパクもしっかり確保!

またひとつ壁を越えたような気がします。

2013年11月12日 (火)

凍っちゃった

P1060282

昨夜から雪が降り積もり、おまけにずいぶん冷えました。気温は夜中になんとマイナス8度だそうです。

P1060291

凍っちまいました。

P1060298

水道橋ももう無理ですね。

P1060302

凍結でストップ。

P1060361

ヒビ割れてました。

P1060303

地下の配管から直接上げている鶏舎はOKです。毎回水を落とすので真冬も平気のはず。

P1060305

これが止水栓。右のレバーを押し込むと、左の水道管の水が強制的に地下まで落とされて内部が空洞になります。

「水を落とす」ということを大阪出身の私はこちらに来て知りました。地上でいくらマイナスになっても、水は地中にあれば凍らないんですね。

大阪だと水道の蛇口を少しひねってチョロチョロ水を流して凍らさないということをしていた覚えがありますが、こっちでそんなことしたらアウトでしょうね。

冬本番も間近、これからは凍結との闘いです。

2013年11月10日 (日)

キミはいったい

わらっちゃいます。

P1060258

見事な襟毛としっぽ

P1060260

オス? いやメスでしょう。

P1060263
P1060265

それでも群の中ではみにくいアヒルの子でして、ひとり違う格好をしているので仲間からはつまはじきにされて止まり木の上を定位置にして降りてきません。

でもめげることなくむしろ飄々と品よく暮らしています。

2013年11月 9日 (土)

雪……

P1060252

寝床から起きてきたkinnが窓の外を見て「ゲッ」

そうです。降りました。積もりました。

すぐとけましたが…

いずれとけなくなって、

うずたかくつもって、

いろいろ大変になって、

…想像すると、…ため息が出ます。

P1060269

例えば右の山はジャガイモ、左の山は大豆の袋。このままにしとくと雪に埋もれます。

P1060267

とにかくひとまずなによりすなわち大急ぎで旧エサ小屋を使えるようにします。

場所を取ってるモノを出しましょう。

P1060270

波動エンジン稼働前に活躍してた旧カクハンキはもはや場所取りなので外に出します。

P1060271

重さ100キロを超えるでしょうから一人で動かすのは無理ですがそこは古代エジプトの知恵。

P1060272

ホームセンターで買ってきた単管パイプ二本を噛ませればコロの要領で何とか動かせます。

P1060274

きっちり囲って春まで眠っててもらいましょう。

P1060275

旧エサ小屋は木工室&イモ置き場になります。

P1060208

車は11月4日(月)に冬タイヤに交換済みです。

P1060254

あとは冬になってもこの発酵ホカホカエサを維持できるかどうかですね。

まあ4度目の冬ですからね、いろいろ改善しますよ!

2013年11月 7日 (木)

立冬の雪囲いその1

今日は、立冬。といっても気温17度まで上がりました。これが最後の暖かな日和なんでしょう。明日から低い予想が出ています。いつ雪が降ってもおかしくない季節です。

11月に入って、1馬力だったのが2馬力に戻って、やっとエサ・タマゴ以外の仕事にも取りかかれるようになりました。今日は鶏舎の北に面した壁にベニヤ板を張りました。

P1060256_2

これまではビニール幕を使っていたのですが、昨年の吹雪の時に突破され中が雪まみれになった反省からです。残りの3面も樹脂繊維入りの幕を張るつもりです。

P1060255

雪対策とはいえ、新鮮な空気の通りを遮るわけですから、なんだかニワトリには申し訳ない気持ちになります。

2013年11月 3日 (日)

タイガース

P1060201

やはり横斑プリマスロック系の羽根になってきましたね。

P1060183_2

もう親と同じ姿です。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

お天気

  • tenki