« トサカ | トップページ | オスのトサカ »

2013年9月17日 (火)

泣いた赤鬼

今朝、トリのエサをバケツにだいたい入れ終わった頃に突然、そろそろお暇をいただきますと攪拌機二番機が動かなくなりました。

P1050138

そう言えば下の方でガリッとかバキッとか不穏な音がしていて、見てみるとギアが噛み合ってなくてネジの山がなめって(削れて)いて部品交換しなければ本当にお暇を出さなくてはならなくなりました。

P1050139P1050140

長年働いてくれた二番機ですが、そろそろ容量に限界を感じ跡継ぎの三番機を波動エンジンとともに用意してあったのですが、

 参考 http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-65ec.html

ついつい忙しさにかまけて二番機を使い続けていましたが、自分の役目を終えたことを悟ったのでしょう。いつも通りで無理な使い方をしたはずもないので、この機械には意思があったとしか思えません。

で、他の仕事をさっさと終わらせて今日は昼から三番機を動かす準備です。エサ小屋は小さくて入りきらなさそうなので、三番機を置いていた倉庫をそのまま新エサ小屋に改装することにしました。

P1050144

攪拌機は重さ100キロはありますが一人で動かせるんですよ。単管パイプという金属製の管を三本使って、下に噛ませながら押したり引いたりするとなんとか動きます。要は「コロ」です。古代エジプトでピラミッドを造るときに、大きな石を運ぶときに使った丸太棒と同じです。重くてツライ作業ですが気分はナイル文明です。

P1050145

二番機は一日分を作るともうイッパイイッパイだったのですが、三番機はデカイ! 三日分、いや五日分は一度に作れるんじゃないでしょうか。この分だと、作業時間の短縮ばかりか、うまく発酵を維持できれば真冬でもホカホカエサをやることができます! それもこれも二番機が引退してくれたおかげ。これから二番機を青鬼君と呼ぶことにします(笑)。

…ただちょっと鶏舎から遠いんです……

« トサカ | トップページ | オスのトサカ »

にわとり CHICKEN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558613/58213958

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いた赤鬼:

« トサカ | トップページ | オスのトサカ »

お天気

  • tenki