« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

2013年9月29日 (日)

フレップが帰ってくる

P1050586

養鶏家にとってはヤツは不倶戴天、ともにてんをいただかざる敵でありますが、

P1050585

このチラシを見つけてしまい「おおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーー」

と唸ってしまいました。

小生初めて母と妹と行った映画のリバイバルです。

35年前小学校4年生の夏でした。

夏休み、二つ上の兄と父はスターウォーズを見に行き、我々はこの映画。

撮影地はこの辺なんですよね。胸熱であります。

http://kitakitsune.jp/

今度DVD借りてきます。

※ フィルムは35年前のものを再編集するようですね。そう言えば近所で撮影してるの見かけませんでしたものね(笑)

※ 登場キツネリスト すべてアイヌ語だそうです。

  • フレップ
  • レイラ
  • シリカ
  • レプン
  • ヌプリ
  • ルッサム
  • そして、チニタ(涙)

2013年9月28日 (土)

秋の日

P1050454

クジャクソウ? 友禅菊?

P1050462

kinnはたまごのパック詰め

P1050458

網戸の向こうからこんにちは

P1050466

ヨッシーが地面を掘るから昨日の雨で池ができてしまった

P1050468

クロのホラーは父ゆずり

P1050473

やっと晴れたのでデデは喜んでひなたぼっこ

P1050469

トドモトリもひなたぼっこは似たようなもんです。

2013年9月27日 (金)

QRコード

Dbcdd5d68089f8b9a7ca141551dd749c


杉村農園のフェイスブックのQRコードです。

https://www.facebook.com/peacetamago

ここで作ってもらいました。

http://qr.quel.jp/

リサイクル産卵箱

P1050486

デデ子の産卵も増えてきましたので、

P1050535

産卵箱を増やしました。

P1050475P1050493

本棚と衣装棚をもらったので産卵箱に改造してみました。

P1050478

平らな面があるとトリのねぐらになってしまうので急斜面のベニヤを張ります。

P1050480

白い塗装は落ち着かないと思うのでベニヤを切ってはります。

P1050487

そば殻を敷いて、お客さんにもらった古バスタオルをのれんにして完成。

P1050539

これでも220羽の産卵爆発には対応できないかも知れません。昨日で45個。

また作らなきゃ。

トウキビ

P1050496

広い畑。
P1050498

トウキビ畑にクマ? いえkinnです。

P1050500

近くの農家さんが、残ったトーキビをくれました! ありがとうございます!

P1050529

数日断食していたかのように目の色変えてつつきます。

P1050512

ひよこも然り。

P1050518

人間も食べてみましたが、ずいぶん甘かったですね。

当園はオホーツクの小麦をメインに食べさせていますので黄身の色は薄めなのですが、トウキビやカボチャを食べさせたときはちょっと濃くなります。

ワクチン

P1050452

生後1ヶ月のタイガースたちに初めてワクチンを飲ませます。

P1050442

当園では薬を使わないで自然に育てることをモットーとしていますが、その唯一の例外がこのワクチンです。ニューカッスル病という、牛で言えば口蹄疫クラスの恐ろしい病気に対抗するためのワクチンです。

P1050444

ワクチンと言っても注射ではなくて、飲ませるだけなんです。全部のトリに投与するため、昨日の夕方から水を飲ませないで我慢させてました。のどが渇くとピーピー鳴いて水を欲しがるんですよ。ちゃんと抗体ができているか、これまで何度か家畜保健衛生所に見てもらってOKをもらっています。

それにしてもひどい身なりです(笑)

P1050450

2013年9月23日 (月)

プロフェッショナル魂 または ニポネ

さんご草まつり二日目です。初めての出店で心配でしたが、お陰さまで、ピースたまごを使ったスイーツの売れ行きも好調です。うれしいですね。

P1050377

二日目ともなると余裕が出てきて販売の傍らステージの演目にも目がいくようになります。考えてみれば仕事をしながら出し物を楽しめるなんて、何ておトクなんでしょう!

自衛隊さんのプロフェッショナルな演奏に舌を巻き、歌姫さん達に胸を熱くさせ。

P1050408

喜多島麻鈴(きたじままりん)さん

P1050412

明江三奈(あかえみな)さん

P1050355

一時期さんご草群生地が縮小したこともあり、お客さんの入りが昨年以上に良くないと聞きますが、それでも歌姫さんは来てくれたお客さん一人一人全員に(!)握手をし、気楽なトークを入れ、大人数では出来ないアットホームなステージを繰り広げていました。まるでさんご草祭りはこの瞬間、深夜12時もとうに回った三次会のスナックの様相を呈しているのです! まだお日様はあんなに高いんですよ! さすがはプロフェッショナル魂、仕事の流儀と、一人胸を熱くさせていました。

P1050395

……と、網走市のご当地キャラ「ニポネ」発見!

P1050396P1050397P1050398

これは……

1236644_302410123230336_1861494433_

撮ってもらいました。

着ぐるみの誘惑とはおそろしいものです。このワクワク感、十年近く前に行った東京ディズニーランド以来ですね。

ちなみに「ニポネ」とは…

  1. 今年5月から網走市観光部観光課特命係長に任命された「網走を守るキャラクター」だそうです。
  2. アイヌ民族が木彫りで作成するニポポと冬のオホーツク海の流氷下に出現するクリオネを主体としたキャラクターです。
  3. ネーミングもニポポの「ニポ」とクリオネの「ネ」。
  4. 網走を守るヒーローなのでマントをはおっています。マントを結ぶブローチは、原生花園に咲くはまなすの花。

ということで、まだ生まれたてなのですが、実物はなかなかいいものです。

 ※ ちなみに私の故郷大阪府箕面市のキャラ

TakinomichiMomijiinu

デデ初卵の朝ごはん

P1050422

濃厚卵白の盛り上がりは若鶏ほど強いようです。

P1050424

朝ごはん! 網走湖のしじみ汁とともに、

P1050426

素敵な彩りの野菜炒めです。(笑)

2013年9月22日 (日)

おまえは歌うな

「おまえは歌うな
 おまえは赤まんまの花やとんぼの羽根を歌うな
 風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うな」(以下略)

P1050298_2

草刈りをしながらイヌタデの花があるとこの詩を思い出します。

中野重治「歌」。

学生時代、おなじ名前なのでよく読んだ大好きな詩です。

中野重治は日本文学史上プロレタリア文学の系譜に位置づけられます。

「おまえ」とは誰なのか。

考えると深みに嵌ります(笑)。

機関車の詩もいいのですが、またいずれ。

2013年9月21日 (土)

秋の緑餌

今日は緑餌を刈ります。

P1050292

耕作放棄地みたいですが緑餌畑です。

P1050307

ズッキーニを植えた以外は、昨秋に耕してからはずっと不耕起のままです。

P1050295

手鎌でザクザク。秋の草は硬いですね。

P1050302

オオマツヨイグサ? (間違っていたらコメントください)

P1050298

イヌタデとクローバー

イヌタデの花を「赤まんまの花」と言いますが、これについてはまたお話しします。

季節によって盛んな草が変わります。季節の移り変わりを感じます。

P1050315

たくさん刈れました。

P1050316

鎌研ぎ。

P1050339

P1050321

ヒヨコには短く切ってやります。

P1050327

緑餌には、

  • ビタミン
  • 食物繊維
  • 黄身の色を濃くする
  • 粉や粒エサにはない食感を楽しむ(ちぎるなど)

いろいろな効能がありますので、雨が降っていない限り毎日与えます。忙しさにかまけてついついサボリそうになりますが、ちゃんと刈ってやらねばと思います。野菜を食べていないと人間も具合が悪くなるのと同じです。「野菜はちゃんと食べや」というのが大学に入学し一人暮らしをする息子への母からの申しつけでした。(笑)

さんご草まつり

P1050378P1050383

新しい出会いを求めてのさんご草まつり出店。新鮮でした。

本州からトラピックスのツアーで来たお客さん「どこからお越しですか」「豊中ですよ」「私箕面なんです」「へ~~~~~今度滝見に行きたいなあ」ローカルで盛り上がりました。(ブログ主は大阪府箕面市出身です)

「○×%&#$=」よく分からない言葉をしゃべる、でも一時期凝ってたアジア映画で見たアクセントがききとれた香港のおばあさんもシフォンケーキを買ってくれました。(杉村農園海外進出第一号です(笑))でも会話は無理でしたorz むかしは世界あちこちいろいろ旅してきましたが、現地でいろいろな屋台で言葉も大して通じないのに物を買ってました。なんか今は初めてそれが逆転してます。

地元の方とも少しずつご縁が広がってきています。

地元の小学校、中学校の演奏があり、プロの歌い手さんが30分歌い、昼からはカラオケ大会です。

P1050385P1050386

実家は酒屋でして、こどもの頃、地域の小学校の盆踊り大会で出店してジュースやらビールやら綿菓子、バナナジュースやらいろいろ売ってました。それが毎年の夏の風物詩で、待ち遠しいイベントでした。そんなことをちょっと思い出したりします。

まったりと一日目終了です。明日もあります。よろしければお越しを!

2013年9月20日 (金)

小麦6トン

秋は小麦の買い付けの季節です。小麦を収穫して、乾燥させたあと、小さかったり実が青かったりなんだりして食用にならない小麦が「家畜用」として出ます。それをこの時期にしっかり買い付けて一年分の小麦を確保します。

そのためにコンテナを二基手に入れました。上から投入できる特別製です。

先月常呂の麦を5トンもらいました。

今日は小清水の麦が6トン来ました。

P1050233

P1050249

これ、一つ1トン入ってるんですよ。下の結び目を解いて中の小麦を落とします。「フレキシブルコンテナ=フレコン」といいます。

P1050236P1050243


蓋を開けて小麦をドシャーっと落とします。

P1050283

結局常呂5トンにプラス6トンが無事に入りました。

今年は年間20トン確保しなければトリさん達が路頭に迷います。注文すれば誰でも買える、という品物ではないのですが、これまでいろいろな方のお力添えで各地の農協さんを紹介してもらって、小麦の確保が出来てきています。

常呂、小清水、網走、地元の小麦を食わせて地たまごを生産しています。

本当に有り難いことです。

2013年9月19日 (木)

さんご草まつり

9月21日(土)~22日(日)にさんご草まつりが開かれます。

P1050348

開催地は網走市卯原内のさんご草群落地。実は当園から車で5分なんです。

P1050349P1050350

干潟に赤い花という取り合わせは、網走の最果てのイメージとも重なり、幻想的な風景です。

P1050352

多肉植物のようなプチプチした葉っぱと赤い実(?)

さんご草とか、アッケシ草とかいろいろと名前があります。

(ウイキペディア) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%82%BD%E3%82%A6

P1050353P1050355

今年初めて、当園のあばしりピースたまごをつかったスイーツをいくつか販売しますのでよろしければお越し下さい。お天気も上々のようです。

壁にぶつかる赤鬼

P1050193

先日就役した新型三号機ですが、やはり限界はあるようです。チョーシこいて三日分投入したら「そんなに期待されても困ります…」ってブレーカが働いて停まりましたorz

P1050213

新しい機械つかうと、ボンッと爆発しないか、何か起こらないかヒヤヒヤなんですが取りあえず限界を見ておかないと気が済まないんですね。でも三日分って(涙) 四号機、必要ですかね。

P1050214

…ちなみに旧二号機もときどき重くて停まっていましたが、家の電気を引っ張ってたので、停まると家の電気も停電してました。まあそれに比べれば独立電源ですから状況は改善されています。

2013年9月18日 (水)

オスのトサカ

オスもトサカが大きい方が強くてもてるそうで。

P1050084

これがおそらく230羽の頂点に立つ超イケメン野郎です。

P1050085

遠くからじーっとこちらを観察して近寄ってこないんです。

P1050080_2

これは中堅どころ。なぜかよく近寄ってきます。

P1050077_3P1050078_2

この光景も当園では日常茶飯事です。

ピースたまごは命のあるたまご「有精卵」です。

2013年9月17日 (火)

泣いた赤鬼

今朝、トリのエサをバケツにだいたい入れ終わった頃に突然、そろそろお暇をいただきますと攪拌機二番機が動かなくなりました。

P1050138

そう言えば下の方でガリッとかバキッとか不穏な音がしていて、見てみるとギアが噛み合ってなくてネジの山がなめって(削れて)いて部品交換しなければ本当にお暇を出さなくてはならなくなりました。

P1050139P1050140

長年働いてくれた二番機ですが、そろそろ容量に限界を感じ跡継ぎの三番機を波動エンジンとともに用意してあったのですが、

 参考 http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-65ec.html

ついつい忙しさにかまけて二番機を使い続けていましたが、自分の役目を終えたことを悟ったのでしょう。いつも通りで無理な使い方をしたはずもないので、この機械には意思があったとしか思えません。

で、他の仕事をさっさと終わらせて今日は昼から三番機を動かす準備です。エサ小屋は小さくて入りきらなさそうなので、三番機を置いていた倉庫をそのまま新エサ小屋に改装することにしました。

P1050144

攪拌機は重さ100キロはありますが一人で動かせるんですよ。単管パイプという金属製の管を三本使って、下に噛ませながら押したり引いたりするとなんとか動きます。要は「コロ」です。古代エジプトでピラミッドを造るときに、大きな石を運ぶときに使った丸太棒と同じです。重くてツライ作業ですが気分はナイル文明です。

P1050145

二番機は一日分を作るともうイッパイイッパイだったのですが、三番機はデカイ! 三日分、いや五日分は一度に作れるんじゃないでしょうか。この分だと、作業時間の短縮ばかりか、うまく発酵を維持できれば真冬でもホカホカエサをやることができます! それもこれも二番機が引退してくれたおかげ。これから二番機を青鬼君と呼ぶことにします(笑)。

…ただちょっと鶏舎から遠いんです……

トサカ

トサカの具合で産卵が始まるのがいつか、ある程度予測できるようです。

P1050076_2

まだまだ!

P1050058

もうひといき!

P10500732_2P10500752_2

黄色の丸で囲った子は産み始めているかも知れませんね。




晩生

P1050062_2

今朝やっと8個産みました。初卵から随分かかっています。これまでの実績で初卵から一ヶ月で出荷できるようになるのですが、デデ子はまだまだかかりそうです。早生と晩生が入り交じりそれだけ発育に差が出たということでしょう。

220羽が産み出すと怒濤の日々が始まるのですが当分お預けのようです。

2013年9月16日 (月)

雨…2

P1050129

雨は小降りになってきました。いよいよになったら宅急便で送られてきた箱に詰めて自宅のボイラー室で一晩過ごさせようかとも考えたのですが。

1

もうこれ以上降り続くことはなさそうです。

寝ます…

※ 結局24時で積算雨量77mm、卯原内川は氾濫危険水位まで1mを残し6.0mが最高水位でした。

雨…

洪水警報が出ています。

網走地方では、16日夜のはじめ頃から16日夜遅くまで低い土地の浸水に警戒してください。網走、北見、紋別地方では、16日夜のはじめ頃から17日未明まで河川の増水に警戒してください。

とのこと。雨が降り続いており、当園は海抜数メートルの低地にありますので心配です。流域ではないのですが、参考にと卯原内川の水位をチェックしているのですがまだ大丈夫そうです。

http://www.river.go.jp/nrpc0305gDisp.do?mode=&officeCode=257&obsrvtnPointCode=249&timeAxis=60

卯原内が氾濫するようならうちも危ないということでしょう。ちなみに当園の近くに川は流れていないので洪水は心配していません。あるとすれば鶏舎や住宅の浸水です。

うちの鶏舎はだいたい建設前にTさんのアドバイスで火山灰を50センチは盛ってから建ててあります。さらに今年は周りに暗渠(地下排水路)を埋めてあるので、土間に床が浸水することは考えにくいです。最悪でも鶏は止まり木に上がっているので被害は大してありません。

ただ、心配なのが最初の年に建てた鶏舎。昔、秋子と春子が入ってた鶏舎です。土盛りをせずに建ててあります。山側から流れる水を食い止めるため、バックホーで明渠(溝)を掘ってもらってありますが、万が一、ここが一杯になったら地下水位が上昇して土間に浸水するかもしれません。この小屋には、先月来たひよこ80羽が暮らしています。それも地べたで。逃げ場はありません。この春に環境をリセットしたくて鶏糞堆積層を30センチ掘って地面を低くしたのが今は悔やまれます。

さっき気になって見に行きました。

思ったより明渠の水位は上がっていませんでした。

P1050118

中もだいじょうぶ。無事な姿を見てホッとしました。

P1050119

暗渠も仕事してます。

P1050122

これから雨が降り続くそうですが、夜中までは気が抜けませんね。

タイ三週目

P1050045

甲羅みたいです。

P1050051_2

タイガース

P1050050P1050052_2

黒い…

P1050053

こっちは名無し、真っ白です。

雨続きでジメジメしてひよこにも良くないので早くカラリと晴れてほしいものです。

2013年9月14日 (土)

ヤママユガ?

今朝は10度まで冷え込みました。

P1050027

冷え込みのせいか、大きな蛾が弱っていたので捕獲です。去年も同時期に見たことあります。

P1050029

気持ち悪いって言わないでね。この「目」がいいんですね。

P1050030

モスラ…?

P1050032

ゴジラが唯一勝てなかったのがモスラ。

P1050031

大きな昆虫というのは触っていて楽しいものです。命を感じます。

P1050036

おしりも立派。

…さ、エーミールにだけは見せようか。(笑)

2013年9月13日 (金)

発酵なんとか

このところの冷え込みで、発酵がうまく行かない日があります。

P1050040

夏場はガンガン発酵していたのですが、温度によって優勢になる菌が違うのかも知れません。いろいろな菌がせめぎ合って一番をとれずにいるような、気がします。漫画『もやしもん』のイメージです。「かもすぞ~」って戦ってるんですね。

P1050037

今日は湯気が立って、ようやく一位が決まったようです。

…まあ、イメージです。

ばんごはん

ささみのソテー

P1050024

ささみの天ぷら

P1050026

おいしくいただきます!

2013年9月11日 (水)

だしガラ

網走市呼人のうどん屋さん「喜多夢楽」(きたむら)さんが、お店で使っただしガラを分けてくれます。すべて「国産」です。

P1040806

三日分を冷蔵庫で保管して、水曜のたまごの配達の時に分けてくれます。有り難うございます。

P1040807

中味はと言いますと…

P1040810

削り節!

P1040811

昆布&煮干し!

P1040812

スルメも入っています。

P1040813

このままだとさすがにウチのトリたちでも飲み込めないので、大きなはさみでチョキチョキ小さくしてやります。ちょっと手間ですがプーンとうどん屋さんの匂いがしていいもんです。配達の後の夕方なので蚊が寄ってきますけれど今の時期だけがまんです。

P1040817

このくらいに小さくしたら、ウチのトリたちならごくんと飲み込んで後は強力な砂嚢(砂肝)でガシガシ磨り潰して消化してくれます。ひと月前からこのだしガラをエサに混ぜています。たまごもきっとおいしくなっています。いつも木曜の朝ご飯は大人気なんです。

「喜多夢楽」(きたむら)さんのうどんは地元食材にこだわった讃岐うどんのお店です。是非一度召し上がってみてください。かき揚げも最高です。

http://shiretoko-yume-kikaku.com/

ピースたまごのぶっかけうどんもぜひ!!

Kitamura

2013年9月10日 (火)

にっぽん丸

今日は小清水へ小麦の買い付け。

P1040999

そして今年唯一の豪華客船網走港寄港日!

待ってました!

P1050001

丸んっぽに!

P1040941

もとい、にっぽん丸!2万2000トン!

P1040972

大きいですね。乗り物としては世界最大級ではないでしょうか。

P1040956

にっぽん丸はただいま短期のクルーズ航海中です。

http://www.cruiseplanet.co.jp/jap/jp_np_130908.html

P1040959

これでパナマもスエズもカリブも地中海も行くのです。乗れないのならせめてタラップを眺めて自分が乗客だったらといろいろ妄想をたくましくします。

P1050005

波動砲は付いてません(笑)。

P1040953

9時入港、15時半出航です。お見送りもします。

P1050018P1050023

サラヴァ!

…このブログは田舎で生き物と自然と暮らすブログでは? - 気のせいです。

〔関連記事〕

 

・ぱしふぃっくびいなす http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-6f6e.html

 

・飛鳥2 ※寄港したら書きます。

2013年9月 5日 (木)

トラえがお

P1040842

変な性格してますが女の子です。

納豆、すき?

今日は過ぎ去ったと思った夏が帰ってきたような暑い日です。

P1040908P1040910

タイガース君も元気です。

P1040898

初めて納豆を食わせてみます。丸粒だと大きくて飲み込めないので挽き割りを。

P1040893P1040894

http://youtu.be/XZpJob82LRE

その場ですぐ飲み込めないようなものを発見すると何故かピーピー言って走り回るんです。

早いうちからいろいろと善玉菌を体内に取り込んでおくといいように思います。

※ 因みに私は関西人ですが納豆はダイスキです。

2013年9月 4日 (水)

朝日の下で山盛りごはん

http://youtu.be/Bvq7Nkq7oVM

P1040824

1号機

P1040828

2号機

P1040832

3号機

P1040834

自然養鶏を営んでいますので、ひよこのうちから太陽の光をたっぷり受けて育ちます。

2013年9月 3日 (火)

デデ子初卵!

P1040861

サンタのプレゼントみたいにちゃんと産んでくれるんですね。

P1040859P1040860

すみっこにこっそりと。見つけた瞬間は「おお!」と思わず声が出てしまいます。

まだしつけ前なので地面に産んでます。

P1040875

大急ぎでマルシェで見本に作った産卵箱を出動させます(左)。

P1040886

さらに産卵箱を新作。昨日配達の途中でお客さんからもらった古本棚がちょうど役に立ちました。

P1040853

これも元は燻製器だったんですがお客さんにもらったものです。

P1040883

中にはそば殻。

P1040872

まもなくここに日産240個の産卵箱団地ができあがります。「せまくて」「地面から高さがあって」「安全な」場所を作ってやるとトリは安心して産んでくれます。

産卵箱を早く作れとkinはせっつくのですが、この240個のたまごの嫁入り先を探すのでここのところ大忙しです。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

お天気

  • tenki