フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の記事

2013年4月28日 (日)

穀雨?

P1030040

暦では穀雨、穀物に恵みの雨が降る頃だそうですが雪です。

P1030042

気分としては雨水。オホーツクでは暦が2ヶ月早すぎです。

P1030008

それでもエサは一晩おけばホカホカに発酵するようになってきました。

P1030007

デデ子はぬくぬく

2013年4月27日 (土)

デデ子

GWなのに雪が積もるのは曾て無いことです。

P1030013

ヒヨコたちは寒いのか運動場には出てきません。

P1030019

静かにしてるので寒くはないようです。(寒いとピーピー鳴くそうです)

P1030015P1030016

P1030022


ところで今回のひよこたちの名前を決めました。

P1030022_2

デデ子です。

P1020998

P1020993

千歳に取りに行ったので「ちとせ」も候補だったのですがきれいな名前もどうかと思いまして、鶏舎の糞を出しているときに外でキジバトがデデーポポーデデーポポー鳴いていたのでデデ子。

P1020992

よろしく!

2013年4月26日 (金)

お迎え

14万8千光年の彼方までお迎えに行ってきました。

エサやりたまご拾いを全速力で終え、9時半出発。

P1020936

雨の大雪山を越え

P1020938

高速道路で恵庭ICまで。

P1020939

16時、ひよこたちは千歳で待ってました。

岐阜で生まれたたまごが飛行機で運ばれ、千歳の近くの由仁町でこの日孵りました。

全部で1500羽孵ったそうで、そのうち240羽をうちに連れて帰ります。

これまで夏・秋・春・盆・栗・ホケ・萩と7回ひよこを受け入れましたがすべて宅配便でした。今回も宅配便で届くのを待っていてもいいのですが、寒いところに置かれて弱るトラブルが完全ゼロではないので万が一のリスクはあり、それに一度自分で直接とりに行ってみたいと思っていたのでした。二馬力で交代しながら運転したのですがやはりイスカンダルは遠かったッス……。

P1020941P1020945_2

で、ちょびっと燃料補給。本場ナポリ認定のおいしいピザ屋さん。やっぱりタダで帰るわけにはいきませんね。

P1020946

日が暮れる中、とんぼ返りです。

P1020965

旭川のイオンで空気の入れ換え。

P1020966

帰りは高速道路が工事で止まっていて遠回りしましたが、午前1時に無事生還しました!

夜中の作業はさすがにツライので、ストーブ焚いて居間で朝まで待機してもらいます。

2013年4月24日 (水)

いよいよ明日

P1020920

火山灰を運んで

P1020921

育雛箱に敷き詰めて

P1020924

もみ殻投入

P1020925

P1020928

のれんとお皿をセット

前回米袋だったのを古Tシャツに替えてみました。紙じゃなくて布の方が、ひよこがのれんをくぐるとき、親鳥の羽のように思って安心するそうです。

明日はたぶん修羅場でしょう。

アスパラ

P1020798

農家の方からアスパラガスの茎をもらいました。出荷の時に切り落とした太い部分です。

そのままやっても食べないので、

P1020807

ゴンゴンつぶします

P1020810_2

もっとゴンゴンつぶします

P1020815

それでも食べません

P1020819

「手間かけてくれるのは有り難いんだけど~おいしくないのよね~もっと何とかなんないの?」

P1020889

自然の農法で育てたアスパラガスなので日にちが経っても新鮮でかじるとじゅわ~と汁があふれるほどなんですが生だとかじるとやっぱり青臭い。

人間用にもちゃんとしたのをわけてもらってゆでて食べたら幸せで過去最高のアスパラでした。

おんなじ考え方で行くと、

P1020859

ゆでるしかないしょ~!

P1020861

さらにエサに混ぜ混ぜ。「これはエサなのよ~」アピールです。

P1020907

P1020913P1020912

こうしてようやく食べてくれました!

ニワトリは、大きなエサはクチバシでつまんで振り回したり地面に叩き付けたりして、飲み込めるくらいの大きさにならないと食べないんです。

ましてそこまで労力をかけるだけのエサかどうか、ということですが、ゆででおいしそうなにおいがして、さらにやわくなってカンタンに割けるようになったのが良かったみたいです。

準備中

夕方7時まで頑張ったのですが昨日一日で終わりませんでした。

P1020901

旧秋子鶏舎(50羽×2群=100羽収納) 幅90×長さ180でタタミ1畳分

P1020900

旧春子鶏舎(80羽収納) ※ 幅120×長さ180でタタミ1畳と3分の1

★今日は残った仕事…火山灰とモミ搬入・水入れえさ入れ用意・鶏舎扉の取り付け・電球試運転・通路確保・掃除片付け……いろいろありますなあ。

2013年4月22日 (月)

育雛箱

P1020879

もう四月も終わると言うのに神様なにをおかんがえですか…

P1020878P1020877

今週来るひよこ240羽のお迎え準備中です。まず60羽分のひよこの家を作りました。

去年いろいろ試作してみて現段階でベストの育雛箱を作りました。蓋と底の金網は再利用で壁だけ新品のコンパネを買いました。

今日は午後から配達なので、あと180羽分は明日一日かけて作ります。

2013年4月19日 (金)

ホタテ貝

P1020724_2

22年の開業以来エサにカルシウム源としてホタテ貝の貝殻を食べさせています。地元常呂産です。

P1020723

このたび中味をいただけました。ホタテ貝といえば貝柱がおいしいのですが、貝柱をとったあと、残りの部分は商品価値がほとんど無いものとして処理されるんです。もったいないですね。

P1020727

赤いのがたまご(卵巣)で白いのが白子(精巣)。栄養たっぷり、コハク酸たっぷり。

P1020729P1020730_2

ヒモ(外套膜)。トリは歯で噛んで切る、細かくするという処理ができず食べられそうなものはクチバシでつかんで振り回して引きちぎるしかありませんのですが試しに少しだけやってみます。

P1020731

ウロ。ちょっと心配なので面倒ですが取り除いてイヌさん行き。調べてみると中腸腺はイカのゴロとかカニの味噌とかおいしいとこばっかりなんですけどね。

P1020740P1020739

喜んで食っとります。

※ 動画  http://youtu.be/--OU1SnycHg

2013年4月18日 (木)

MMB

P1020744Mmb_2

女満別空港が配達圏に入りました。経費で遊びに来れるなんて最高です。

ただいろいろありますので中には入りません。敷地外から見学です。

P1020755P1020756_2

最初にやってきたのがエア道とはシブすぎ。羽田から。737スーパードルフィンはANKの女満別/関西線でよく乗ってましたねー。

P1020758P1020761_2

Jエアが千歳に帰ります。ボンバルディアCRJは細長くてちょっと怖いのですがしっかり飛びます。

まだ初心者なのでどっちから離陸着陸かわからないので滑走路の端っこを行ったり来たりです。航空無線をやらないとわかりません。一応時刻表は印刷してきたんですが。

昔は家族で伊丹空港に見に行ったもんです。あのへんから大きな乗り物が好きになったのかも。

2013年4月 9日 (火)

リセット

P1020594

秋子が引っ越した後の部屋を一週間おきました。

風通しを良くして表面がちょっぴりカラカラになりました。

P1020595

堆積した鶏糞を掘ります。

P1020623

平成22年9月から2年半飼っていたら20センチの鶏糞が積もりました。土台と基礎石が見えるところまで掘ってようやく鶏舎建設前の白い火山灰や、黒土地盤が見えてきました。

P1020610

山になります。秋子の部屋は4間×2間で8坪、16畳あります。今日は4坪だけ積みました。

P1020630

鶏舎外に出すのは別の日。

たいへんな作業ですが、新しくひよこを入れる前に、できるだけ環境をリセットしておいてやりたいのです。

2013年4月 7日 (日)

雪解け雨

P1020611

暖気と雨でどんどん雪解け、うちはこんなに広かったのかと驚きます。

P1020597

心配していた大風はそれほどでもなし。(今のところ)

むしろ増水が危険とラジオで美幌川や網走川の増水を報じています。

P1020601P1020602

みずびたし → 鶏舎浸水 となる前に水の逃げ場所を確保。

P1020603P1020605P1020606P1020607

鶏舎の中は土を高く盛っていて、近くに川も流れてないので洪水はまず無いでしょうが、念のため。

2013年4月 6日 (土)

ひなたぼこ

P1020560

引っ越し翌日


P1020565P1020562

まあ慣れてくれたようです。たまごもちゃんと産んでます。

P1020583P1020586

トリもイヌもひなたぼこ

P1020571P1020574

ヌカを撒いて掘り起こして床づくりにいそしみました。冬場に雪が吹き込んでワヤになった床です。

2013年4月 4日 (木)

ホケ子の引っ越し

P1020454

きょう今年初めての雨が降りました。

P1020486

すぐやんだので、ホケ子の引っ越しをします。

P1020487P1020488_2

4.5坪(9畳) 引っ越し先も同じ広さです。

P1020440

2月まで夏子が暮らしていた鶏舎です。

P1020489

産卵箱

P1020491

エサ箱

P1020490_2

止まり木の箱はこの機会に板を切り欠いて風通しを良くします。

P1020492P1020493

環境が変わるとストレスになるのはトリも人間も同じですから、できるだけ同じ環境を再現してやります。でもごちゃごちゃしてるのは、夏子鶏舎もいろいろ改造を加えてあるからで、勿体ないのでそのまま使います。

P1020494

いよいよ本体移動

P1020500

このカゴは中古でもらったものですが重宝してます。

P1020497

移動もストレスでしょうからすぐ放してやります。

P1020511

これさえあれば安心だわね

P1020522

さっそく砂浴び大会が始まりました。元の鶏舎は雪対策であまり開放できず、砂浴びのできる環境でなかったようです。

P1020529P1020533

しばらく遊んでいたトラが仕事復帰スタンバイします。

P1020547

夏子がいなくなって閑散としていた小屋も急に活気づきました。

P1020556P1020555

元のホケ子鶏舎と、秋子・春子鶏舎が新しくひよこ小屋になります。

P1020557

ちなみに、埋もれていたポーリー君の家もようやく見えてきました。

2013年4月 3日 (水)

豆を炊く

P1020416

雪解けはおおむね歓迎すべきですがそりが使えなくなるのだけは残念です。人間ばんば状態です。重い…

P1020245

やっと釜が見えてきましたので

P1020253

豆を一晩うるかしてから

P1020428

ゆでます

P1020292

これまで完全国産大豆が手に入らずほぼ魚粉だけでタンパク質を補給していましたが、

やはり動物性タンパクだけでなく植物性タンパクも入った方がいいような気がしていました。

さいわい昨年各所から道産大豆が手に入りました。

一日の仕事のサイクルに組み入れてしまえば毎日の豆炊きもあまり負担ではありません。

P1020432

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

お天気

  • tenki