フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月30日 (火)

イカ…食べなイカ?

地産地消・地たまごを標榜するピースたまごとしては、身近な地元食材は何でもたいらげるトリでなくてはいけません。

Imgp6021

で、とうとう来ました、北海道といえばやっぱりイカです。常呂の漁師さんが小魚と一緒に持ってきてくれました! おいしくゆでてからいつものエサに混ぜます。

Imgp6008Imgp6009_3

トリさんたちは大喜びで争奪戦。

でも自分でちぎれないし、噛んで小さくすることもできず、イカをくわえて振り回してみたり、地面にたたきつけたり、いろいろ頑張って小さくしてからゴックン丸呑み。

Imgp6027_3

動画 http://youtu.be/eTh111E4Hxw (音量注意)

幸いのどに詰まらせず上手に食べてくれたようです。

Imgp6018

2012年10月28日 (日)

かぼちゃ

野草が元気なくなってきたので重宝してます。

Imgp5975

三日で皮になります。

Imgp5977_2

チビさんも食べます。

Imgp5987_2



2012年10月25日 (木)

小清水より

今朝は霜がおりました。今年二回目。いよいよ冬が来るんですね~

Imgp5960Imgp5961

今日は小清水町から大きな荷物が到着しました。

Imgp5962

小麦一年分11トンのうちの8トンです。

年々小麦の必要量が増えてきて、去年は3トン確保したらあとはちょこちょこ買い足せば良かったんですけれど、今年は11トン。ただいま350羽くらい食わせてます。

今年は小麦が豊作だそうで、そうすると人間用の小麦はたくさん出回るのですが、逆に家畜用の「規格外小麦」というのは少ないそうで(規格に収まる小麦がたくさんとれたということですね)、ほうぼうあちこち探しました。

お陰様で関係各所の皆様のご協力をいただき、なんとか10トンまで集めることができました! この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

Imgp5963Imgp5964

ひとつ1トンある袋を車載のクレーン(ユニックといいます)で吊り上げて、

Imgp5966

コンテナの穴からドバーッと投入します。これを十回繰り返しました。

Imgp5967Imgp5968

8トンも入れたら中はどうなってるかというと……

Imgp5971

天井近くまで小麦でいっぱいです。写真の、天井の奥の方の丸いところから入れたんです。去年作ったバリケードから溢れて小麦がさらさら流れてきてます。手前は土のう代わりにぬか袋を積んで外に溢れないようにしています。

これで来年まで安心です。トリたちを飢えさせずにできそうでホッとしました。

ちなみにこのコンテナは去年買いました。

(過去のブログ記事)

コンテナその1

コンテナその2 かべをつくる

コンテナその3 大山鳴動して…

去年は3トンで済んだんです。

当園はエサは自家配合でやっていますからそれぞれのエサの材料を自分で集めてきています。

小麦、米、ぬか、魚粉、生魚アラ、おから、貝殻、貝化石、などなど。

でも自家配合の養鶏家はきわめて少数なのでどこでどうやって入手するか分からず、つてもなく、最初の一年は苦労しました。確保できたときの喜びも大きかったですけれどね。

じゃあ今は楽になったかというとそうではなくて、年々ニワトリの数を増やしているので、エサの量をしっかり確保するのでやはり苦労してます。

自家配合ではなくて、もう配合してある「配合飼料」というものを買ってくれば、こんな苦労はないのですが、エサの中身を全部自分で分かったうえで使いたいので、自家配合にこだわっています。

でも二年後は20トン必要……米ぬかとかもみ殻とかも保管してるので、このコンテナ一基では入りきらないことが判明しました……。また対策を考えねばなりません。

2012年10月23日 (火)

おニュー

ヨッシー

Imgp5933Imgp5934

トラ

Imgp5910Imgp5914

うちの首輪は二年持ちません...

2012年10月22日 (月)

点灯

Imgp5871_2

夜中の2時から、日の出までの5時まで、鶏舎に電気を点けています。

日が短くなるにつれ、どんどんたまごが減ってしまうので、その対策です。

(ホケ子もがんばってくれていますが落ち込みは予想以上です)

冬至の頃は毎年最悪の産卵率なんです。

(昨年の記事)http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-7968.html

「寒いから産まない」ではなくて、「日が短いから産まない」というのがニワトリの感じ方なんですね。

当園は国道沿いとはいえ農村地帯で田舎にありますが、そんなところで夜中から煌々と電気を点けています。

ニワトリにも、本来の自然のサイクルに反して産卵させようとしています。

いろいろとためらいはあったのですが、たまご不足の前には背に腹は代えられません。

ゴメンナサイと思いながら点灯飼育に踏み切りました。

なのに産卵率はじわじわ減ってきています。

どうなるんでしょう??

+++++

夏子

Imgp5884

秋子

Imgp5877

盆子

Imgp5878_2

栗子

Imgp5879

ホケ子は電気点けなくても絶好調なのでOKです。

Imgp5887

夜明け前の5時からたまご産んでます。

Imgp5880Imgp5881

次のヒナ「お萩」が産み始める2月までは頑張ってもらいます。

2012年10月21日 (日)

会食!

Imgp5892

162羽が一堂に会して朝食です。壮観ですね。

Imgp5897

ランドセル背負ってそうなおじょうちゃんです。

2012年10月20日 (土)

エサ炊き

津別のジャガイモ農家さんから規格外イモをもらってきました!

Imgp5935Imgp5924
Imgp5926

冬に炊いてやろうと思っています。

で、今日は予行演習。

Imgp5927Imgp5936

私が食べてもホッコリおいしい新じゃがです。

Imgp5917

常呂の漁師さんからもらった雑魚も炊きます。

Imgp5937

エサに投入!

Imgp5938

このところの冷えでエサの発酵がうまく行かなかったのですが、このジャガイモのおかげで明日は久しぶりにホカホカのおいしいエサを与えてやれそうです。

関係各所の皆様ありがとうございます!

2012年10月19日 (金)

完全解放

10月15日(月)

Imgp5840

ベニヤ板で仕切っていたのですが、もう限界です。脱走兵も増え続けています(笑)

Imgp5830

Imgp5835


Imgp5831

Imgp5846

これからは162羽、ナカヨク一緒に暮らします。

Imgp5863

あまりの多さにくらくらしますね。

2012年10月16日 (火)

カボチャ入荷!

藻琴山のふもとで農家をしている方から、規格外のカボチャをいただきましたよ、どっさりと!

Imgp5824

片道51キロを二往復、軽ワゴンに積めるだけ積んだのでタイヤがつぶれるかと思いました。トリの日常の世話の合間を縫っての仕事ですので、結局まる一日つぶれました。

Imgp5825

でもいい天気の下ドライブ、こういう日曜日もいいものです。

Imgp5828

ところで規格外と言っても見た目あんまりわかりません。

キズが入ると傷みが早いので規格外として畑にすき込んでしまうそうです。

Imgp5827

すてきなカボチャなんですが。

ニワトリさんのエサとして有効活用させていただきます! 関係各所の皆様ありがとうございます。

…気づいたんですがカボチャって、大きさといい重さといい、ボウリングの球と同じですね。

2012年10月14日 (日)

就寝指導

今晩から育雛箱を卒業しました

Imgp5817

箱の上に渡したスノコで上手に眠っています

Imgp5816

これができれば一安心です。

Imgp5822

162羽無事に育っています

Imgp5821

2012年10月 3日 (水)

秋の味覚2

Imgp5654Imgp5657


網走の浜で上がりました。

うまそうですね。

そういえば、二年前は私もこいつと格闘していたんですね(遠い目)

2012年10月 2日 (火)

いただきもの

お客様からいただきました。

Imgp5658_2Imgp5660_2

豊かな時間が流れていますね。

なんだかうれしくなります。

2012年10月 1日 (月)

台風接近

(なんのかんのとブログをさぼっておりました)

台風17号が接近しています。

当園の鶏舎は開放、壁無しなので雨が吹き込むとよろしくありません。

多少は自然養鶏の宿命としてトリたちに受け入れて貰いますが、

ひどいジメジメはやっぱりよくありません。

そこでできることをしてみます。

Imgp5637

冬に使う巻き上げシートを下ろしました。ただし一面だけ。

Imgp5639

こっちからの吹き込みには対応できません。

おとなのトリたちは多少濡れても平気ですが、

Imgp5643

心配なのがこちらのヒヨコちゃん「お萩」。

巻き上げシートはまだ取り付けてないので(本来冬用)全面ふきさらし。

もう若羽が生えてきたとは言え風邪をこじらせると危ないのです。

まだ一羽も欠けることなく元気に育ってくれています。

Imgp5646

雨が吹き込む方角を確かめて、この日のために買っておいた「養生シート」をはりつけましした。

Imgp5645

まだ土間を仕切って育てているので逃げ場がないんです。育雛箱も蓋をして久しぶりの昼間点灯し、逃げ場を作ってやりました。

Imgp5647_2Imgp5648_6

わかるでしょうか。濡れるのをいやがって、吹き込み側から待避しています。

Imgp5649_2Imgp5651

最近産み始めた期待の「ホケ子」はまだ若いのでちょっと心配。

4.5坪の小さな小屋なので吹きさらし感がすごいんです。

で、こちらも養生シート。

Imgp5650_3

ビスで留めています。

あとでニンニクジュースを飲ませてやるとしましょう。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

お天気

  • tenki