フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の記事

2012年8月28日 (火)

ブログ紹介 Daichi-to-mamenoki

当園のたまごを取り扱ってくださる札幌の社団法人「大地と豆の木」の筒渕さんと長根さんが、先日お見えになりましてブログに記事を書いてくださいました。

ありがとうございます。

http://ameblo.jp/daichi-to-mamenoki/entry-11339514549.html

2012年8月25日 (土)

まだまだ galbarium

このまえ涼しくなったと思ったらまた30度の真夏日、まだまだ夏は終わりません。

そして鶏舎作りもまだまだ終わってません。

Imgp5121

Imgp5240

土台の下のガルバリウム波板を埋め込んでいます。

しゃがんで粘り着く土をスコップでチマチマ掘り起こしていくのですが、

無理な姿勢とそれなりの重さのため、今日、腰のあたりがピリッといきました。

半年ぶりに腰のブレーカーを落ちました。

無理せずゆっくり取り組みます。

あと三面……。

★ おまけ

Imgp5229

羽が生えてきましたよ

・水のみ http://youtu.be/clNeTu_Ftos

・ごはんがつがつ http://youtu.be/CGl1KrbGk7k

2012年8月21日 (火)

ヒヨコ到着 very hot

今日は鶏舎の中は34度までいきました。

Imgp5157

汗をかけない・服を脱げないトリたちは地下に潜行していきます。

Imgp5159

オスまでがあられもない格好。

北見まで1時間走ってヒヨコをとりに行きます。

Imgp5154Imgp5156

169羽、大所帯です(当園の生産量の二日分弱)。今まで一度に60羽しか飼ったことがないので気合いが入ります。

Imgp5164Imgp5165

朝イチで北見で受領後10時には連れて帰ってきたのですが15時まで待たせてようやく入居式。

Imgp5175Imgp5174

一羽一羽数えながら、水を飲ませてからヒヨコの寝床(育雛箱)に放り込んでいきます。

Imgp5173

早いこと有用菌にふれさせた方がいいので今回はいろいろ飲ませてみます。

Imgp5184

最初のエサも玄米と貝化石。消化の悪いものを食べさせてつよい胃腸を作ります。

育雛箱の中も火山灰の上に腐葉土ともみ殻を敷きました。

ぬかは入れません。発酵しすぎてカビが出て風邪をこじらせ、前回50羽のうち11羽もころしてしまったので発酵床は今後使わないことにしました。

七転び八起きですが、それでもクスリを一切使わないで逞しく育てたいと思います。

(ワクチンは投与しますが)

Imgp5179_3Imgp5195

二ヶ月間、この三つの箱にそれぞれ54羽プラスオス2~3羽ずつ入れて育てます。

169羽といっても、3グループに分けて育てるので何とかなるでしょう!

★ 動画

「がぶりより」 http://youtu.be/0sl129tZj14

「なかにどうぞ」http://youtu.be/1hZftP87Mqs

2012年8月19日 (日)

あと一日!! almost finish

Imgp5150

丸一日かけてすべての網を張り終え、地上部の外敵の侵入口を完全に塞ぎました。

ここにヒヨコの家である育雛箱を四基設置するのが、明日の仕事です。

Imgp5153

今日は作業中ずっとこのポーリーがお供してました。

この変なかっこは「エサくれポーズ」です。

この日30度に達した暑い日だったんですが、彼は新しい鶏舎の中で気持ちよさそうに昼寝をしていました(カメラ持ってなかったorz)。すなわち鶏舎の中は涼しいってことですね、よしよし。

2012年8月18日 (土)

ホケ子4ヶ月 Chicks

元気に育っています。

Imgp5129

床には若羽が散らばっています。

もう成鶏の羽になっています。

が、体重はまだ軽く、たまごをうめる体になるにはもう少し太らなければなりません。

Imgp5136

産卵鶏のようなふてぶてしさはなく、遠巻きに見ています。

Imgp5144

オスらしくなってきました。つたない声でコケコッコーと鳴いています。

Imgp5130

とさかが大きいメスが一羽。5ヶ月を待たずに生み始めるかも知れません。

姐さんたちのたまごがどんどん少なくなっていくので、産卵開始が待ち遠しいところ。

あと二日! invest

午前10時、東側の扉完成

Imgp5124

午後1時、西側の扉完成 新品のトタン板が尽きたので緑色(中古)

Imgp5125

休憩1時間挟んで午後5時西側妻面△部網張り完了

Imgp5126

この作業のために思い切って180センチ脚立二本買いましたが、いい投資でした。
Imgp5128
残るは東側△部網張り。

★ おまけ ★

「ごはんやで」

トラ https://youtu.be/-fqVACxXjvg

ヨッシー 

2012年8月17日 (金)

土日が天王山 no time!

鶏舎作りも大詰めです。-

というか早くしないとヒヨコの住む場所がありません。

21日火曜日がお迎え日です。

Imgp5121

網とトタンはだいたい張り終えました。

Imgp5122

トタンの裏側は例によって米袋を米屋さんからドッサリ貰ってきて断熱材に張っています。

Imgp5123

いつもの取り外せる壁も作りました。

あとは扉の取り付けと、キツネよけ地下ガルバ板の埋設と、妻面上部の網張りと……いろいろあります。

天気はいいようなので何とか間に合いそうです。

汗牛充棟 chaff

Imgp5113

コンテナの天井までいっぱいの袋! 本ではないのですが…

Imgp5110

もみ大量入荷です。北見市端野町から。

Imgp5112_2

2トンダンプ一台分貰いました。

雨が降りそうで気が焦るなか、ダンプの荷台に上って袋詰め。

全身あせまみれもみまみれになりましたが心は快晴です。

去年は22袋でしたが今年は65袋!

すばらしすぎます。

Imgp5117_3

これで産卵箱はサクサクのもみをたっぷり敷いてやれます。

Imgp5120

もみ殻と米ぬかの発酵飼料も、在庫を気にせずどっさり作ることができます!

※ 去年のもみ

http://peacetamago.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-595f.html

2012年8月14日 (火)

あと7日 kennel

甥っ子たちが来てたので鶏小屋を作らず犬小屋を作ってました。

Imgp5049

こっちは網張り中……

Imgp5107

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

お天気

  • tenki