« ぜひお越し下さい Welcome | トップページ | 発酵飼料づくり(材料・ぬかタンパク編) MIXING-2 »

2011年3月 6日 (日)

発酵飼料づくり(材料・穀物編) MIXING-1

最近のエサづくりをご紹介します。

これがレシピです。乾燥重量で30㎏、三日分です。

I will show you the feed mixing. This is the recipe.

Cimg8806_2

本を読んだり先輩方のやり方をまねてみたりしながら試行錯誤して今の配合比率に落ち着いています。

さて、ニワトリの餌。

大きく分けて、

  • 穀類・イモ
  • ぬか
  • タンパク質
  • カルシウム の四つに分けて考えます。

I mix on this rate after several attempts. The feed includes as follows ;

  • grain
  • rice bran
  • protein
  • calcium

1 穀類・イモ 57%  grain and potato

(1)  30% wheat

これが主食、「ご飯」です。

This is main dish.

Cimg8808_3

3月から圧片小麦を使っています。

蒸気でふやかして粒を潰したものです。丸粒とくらべちょっと高いです。

今回は入荷の関係もあり、消化もいいのでこれを仕入れています。

旭川の近く、鷹栖農協から届きました。

500㎏入りの袋が外にあります。

Now I use compressed. This is 500 grams bag.

Cimg8830_2

20㎏袋に小分けして小屋の中に移そうと思ったのですが、手間がかかって結構つらい仕事なので、雨よけのビニールシートをかぶせてそのまま外に置いてます。

(2) 砕け米 10%  broken rice

Cimg8882

米屋さんから安く分けてもらいました。

精米の時に粒が割れてしまって食用にならなくなった物ですがトリさんたちには関係ありません。

砕け米がなくなったら、米農家さんから分けてもらった屑米も使います。

I bought this from rice shop in cheap , no, inexpensive price.

(3) 乾燥ジャガイモ粉末 17%  dry potato powder

これも近くの工場で手に入るので使っています。

I get this from near factory.

Cimg8811_2Cimg8812_2 

こちらはカボチャ粉末入りなので黄色をしています。

The above is yellow because of pumpkin.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これら、穀類がトリさんたちのエネルギー源です。

マイナス10度、20度にもなる厳寒期は、体温を維持するために特に多めに与えます。

穀類は、ふつうなら輸入のトウモロコシを使うところを、当園では国産で賄っています。

だから黄身が薄いレモンイエローなんですね。

These feed become chicken's energy. In glacial days, they need more.

Most of chicken feeders use import corn. But we use Hokkaido wheat.

So our eggs take on lemon yellow.

Cimg8603

« ぜひお越し下さい Welcome | トップページ | 発酵飼料づくり(材料・ぬかタンパク編) MIXING-2 »

えさ FEED」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
札幌市で畑と平飼い養鶏を営むレストランが経営する農園で働いているものです。
発酵飼料について調べていたら、こちらに辿り着きました。
ブログ、面白くて見入ってしまいました。
またお邪魔させていただきます。

まりさん、はじめまして。
ずいぶん昔の記事をご覧いただいて恐縮です。
発酵飼料はいろいろ研究中ですがおもしろいですね。
また、おいで下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発酵飼料づくり(材料・穀物編) MIXING-1:

« ぜひお越し下さい Welcome | トップページ | 発酵飼料づくり(材料・ぬかタンパク編) MIXING-2 »