« 雪が~降る前に~ Before snow | トップページ | 宣伝リーフレット a leaflet for advertisement »

2010年11月26日 (金)

妙なたまご発見! Strange eggs

週一くらいで、妙なたまごを見かけます。

I find a strange egg weekly.

Cimg6174Cimg6175

左のが普通サイズ。右のは、明らかにデカイでしょ?

The left is normal, the right is too big.

Cimg6177

ふつうならこれくらい。55グラム、MSサイズですね。

The normal weighs 55 grams, MS size.

Cimg6178

83グラム。

83 grams.

Cimg6342

もう一つデカイのありました。こっちは90グラム。

This one is 90 grams.

LLサイズでも76グラムを切ります。言うなれば「メガ」たまごですね。(^-^;

このようなサイズは流通には乗りません。

LL size is under 76 grams, so to say, Mega size.

参考:玉子の規格(たまご博物館)  About size of egg, refer to this;

http://homepage3.nifty.com/takakis2/keizai.htm

産んでまだ一ヶ月もたたないのにこんなでっかいのを産むんですからさぞ難産だったことでしょう。

割ってみます。

Hens have not layed eggs for a month yet, but layed a big egg like this, they may suffer. I try it.

Cimg6340Cimg6339

双子ちゃんでした。

生み始めの若い母鶏は排卵のサイクルがまだできていないのでこのような二黄卵(にこたま)がよくあります。

It is twins. Young hens have not had a steady cycle of ovulation yet, so they often lay a twins egg like this.

Cimg6343

2かける2は4! 四つ目玉焼き! いただきます〔合掌〕!!

Multiply 2 by 2 equal to 4 !  Four sunny side up eggs ! Amen.

« 雪が~降る前に~ Before snow | トップページ | 宣伝リーフレット a leaflet for advertisement »

たまご EGGS」カテゴリの記事

コメント

たまご届いて試食しました。
卵白は、もりあがり、新鮮さが、よくわかりました。
黄身は、ちょっと想像していたのとは、違いました。見た目は、よかったです。お菓子の卵に使うには、くせがなくむいていると思います。
ただ、卵かけごはんにしてみると味が、薄いようなコクがない気が、しました。
おいしいのですが、卵を単独売りするなら、卵かけご飯に合う味を私なら選んで購入すると思います。
あくまでも、私が、連続購入すると考えた答えです。

これを読んだら返事入れてほしいです。

りくママさん、たべてくれたんですね、うれしいです。
卵白の盛り上がりは自慢です。
でも黄身は味が薄いとのこと。
正直に書いていただいて参考になります。
エサの内容がストレートに反映したのでしょう。
白菜、ダイコンの葉っぱをたくさんいただいたので、ここ何週間かたくさんやってます。
そのせいかもしれません。
どんな味のたまごを目指すのか、そのためにはどんなエサを与えていくか。
そのあたりはまだ方向性が定まっていません。
今の段階ではっきりしていることは、地元の安全なエサを選んで与えたいということです。
懲りずにまたたべてくださいね。りくにも!

pigeさんがニワトリを育てて
たまごを販売して生計を建てたると
決心をしたときから
平飼い養鶏、自家配合の飼料、
1個40円以上するたまごって
どんな価値があるのか
半信半疑でした(現在進行形)
だから、まず食べてみることから
はじめようと思いました

札幌・長沼・白滝・美幌で育てられた
ニワトリのたまご、内3件は鶏舎の環境も
見た上でたべました。
食べた感想はどれもサラリとし、さっぱりとした
後味で、長沼のたまごはミルキーな感じさえしました
そこには、とりたてて主張する
『こく』を感じることはありません
一般的に市販されているたまごにみられる
オレンジ色に近い色味もありません

はじめて、pigeさんのとりたちが
産んでくれた卵を食べた時に
つよく思ったのは、こうゆう環境で
こうゆう餌を食べてきて、
この黄身、この白身、このにおい、この味
になるのかということです

先達たちが長い年月をかけて積み重ねてきた
ノウハウを追従して今ようやく
たまごをこの目でみるところまできています
上述のコメントにもあるとおり
これから、どんなたまごにしたいのか
本気かどうかのやる気が試されるときだと
思います

わたくしkinnの方は
香料をいれたり抜いたり
自分の持っている本々のレシピや
図書館からかりてきた数冊の本
で、ベーキングパウダー抜きの
シフォンケーキーをやいているところです
製菓理論の先生がいっていた
『平飼いたまごはケーキにすると魚くさい』
がpigeさんのたまごにあてはまるのか
実践中でございます


すごいフライパンの画やな
ほんまの目玉焼き
お味は淡白なのかな??

たまごはお菓子や料理に欠かせないけど(鍋のシメ、おじやにも)
それだけで成立するには味にも「個性」が必要かもね
万人受けはしなくても認めてもらえたらいいねッ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙なたまご発見! Strange eggs:

« 雪が~降る前に~ Before snow | トップページ | 宣伝リーフレット a leaflet for advertisement »