« 改造2 Remodeling-2 | トップページ | 改造3 Remodeling-3 »

2010年5月14日 (金)

家畜保健衛生所に行ってきました

養鶏業を営むに当たって次の法律を読みました。

「家畜伝染病予防法」

この法律には、次の四つの「法定伝染病」が定められています。

  1. 家禽コレラ
  2. 高病原性鳥インフルエンザ
  3. ニューカッスル病
  4. 家禽サルモネラ感染症

万が一、この病気ににかかると、鶏を殺処分しなければならないばかりか、最悪の場合、近隣の養鶏業者の鶏も、卵・鶏肉の出荷停止というシナリオが待っています。ご迷惑がかかってしまいます。そのいっぽうで、できるだけ無投薬・無ワクチンで自然養鶏を目指したい。

また、サルモネラ菌がこわいので卵は普通の業者は洗っています。しかし洗うと卵を保護する役目のクチクラ層がなくなってしまう。洗わないでできないものか。

悩ましいところです。

そこで5月12日(水)、北見にある家畜保健衛生所(略称「家保」(かほ)」にも行ってきました。

Photo

「開放鶏舎で自然にさらし、粗飼料を与え、抵抗力を付けた健康な鶏を育てたいと考えていますが」

と、次の質問をぶつけてみました。

Q1 ワクチンの接種は義務ですか。義務でないとしても接種した方がいいですか。

A1

・「ニューカッスル病」だけは接種しておいた方がいい。

・「高病原性鳥インフルエンザ」はワクチンがない。

・「家禽コレラ」は日本(北海道?)では出ていない。

・「家禽サルモネラ感染症」は種鶏場で検査しているので不要。

Q2 ニューカッスル病のワクチン接種について教えてください。

A2 市町村に「家畜自衛防疫組合」があるので問い合わせてください。

Q3 伝染病・サルモネラ菌に感染していないか、定期的に診断してほしい。

A3 100羽以上の養鶏業者には、家保職員が一年に一回、秋・冬ごろに巡回しています。また、死亡数の集計を毎月、市に報告義務がある。尋常でない死亡、大量死、産卵率の低下などがあれば、家保に連絡すれば検査します。
 サルモネラ検査・病性診断には手数料がかかりますが、サルモネラ菌のモニタリングとしてなら安い。(無料?)鶏舎の十カ所程度を決めて定点観測、土を家保に送って検査できます。

Q4 法定伝染病に感染した場合、発症しなくても、殺処分になるのですか。

A4

・鳥インフルエンザの場合:発症せず陰性でも殺処分。だから、野鳥との接触を避けなければならない。
・ニューカッスル病の場合:ワクチン由来で保菌しているならセーフ。そうでない場合で症状が出たら殺処分。

Q5 過去の発生の状況を教えてください。

A5 鳥インフルエンザの場合 水禽類は鳥インフルエンザのウイルスを持っていて当たり前。発病することはないが、鶏に感染し、鶏舎内で感染を繰り返すと、高病原性に変わる。

1.2008年5月サロマ湖キムアミップ岬オオハクチョウが死んでいた事例は、韓国で発生したものがやってきた。4月十和田湖、5月別海野付半島の事例も同じ渡り鳥由来。このときは、半径30キロが移動制限。現在の発生なら10キロか。

2.2004年と2007年の九州・近畿の発生も韓国から渡り鳥によるもの。

3.2005年茨城の発生は、おそらくメキシコで製造したヤミワクチン由来らしい。

4.2009年のウズラの発生は、おそらくもともとウイルスを持っていた。

Q6 近隣の養鶏業者を教えてください。

A6 個人情報に当たるので教えられない。(でも近くにW社が種鶏場として飼養している)

Q7 法定伝染病発生の場合、移動の制限は半径何キロですか。

A7 本州でニューカッスル病が出た場合は半径3キロだった。いったん動きを止めて検査する。異常ないか、ワクチンを打っていることが確認できれば制限を解除していく。移動の制限は21日以内(法定)。

Q8 その他、伝染病対策として

A8

1.みだりに人が出入りしないように管理する。
2.防鳥ネットを張る。
3.鶏舎の周りに消石灰をまいて消毒する。(粉末が菌を抑える。獣に対して忌避効果)
4.鶏舎を継続使用する場合、オールアウトしたあとに、次のヒナを入れる前に空舎期間をおく。それまでの鶏は耐性がありバランスを保っているが、新しく入った鶏は耐性がなく発病しやすい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・勉強になりますね。「最悪のシナリオ」を念頭に置いて、準備を進めます。

« 改造2 Remodeling-2 | トップページ | 改造3 Remodeling-3 »

保健室」カテゴリの記事

コメント

宮崎は悲惨やね…
何事にもリスクはつきものだけど…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家畜保健衛生所に行ってきました:

« 改造2 Remodeling-2 | トップページ | 改造3 Remodeling-3 »